人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パパ、ママ必読!月給の3分の2相当の給付金が得られる「育休手当」の活用法

2019.04.14

育休手当の計算方法は?

具体的にどの程度の手当をもらえるのか、計算してみましょう。

育児休業給付の1支給単位期間ごとの給付額は、「休業開始時賃金日額×支給日数×67%(ただし育休開始から6か月経過後は50%)」。

「休業開始時賃金日額」とは、育休開始前の6か月の給料(※賞与は除く)を180日で割った金額。支給日額は1か月30日として計算します。

【参考】Q&A~育児休業給付~(厚生労働省)

育休手当の計算が難しい時は、計算サイトを利用しよう

下記のリンクのように、育児休業給付金の計算を行ってくれるサイトが数多くあります。

【参考】
あなたの産休・育休の期間と金額を自動計算します。(社会保険労務士法人アールワン)
育児休業給付金シミュレーター(YASUMO)

育休手当に上限はある?

育児休業給付金は育休開始前の6か月の給料を元に算出しますが、給料が一定以上の金額になると制限がかかります。

賃金月額の上限は、「44万9700円」。これを超える場合は、給料が44万9700円であるとみなして計算されます。

【参考】支給限度額変更のお知らせ(東京ハローワーク)

育休手当はいつ支給される?

育児休業給付金は、育休に入ってすぐに支給されるわけではありません。いつ頃支給されるのか目安を知っておくことで、家計のやりくりがしやすくなるでしょう。

育休手当の支給日は?

育児休業給付金の支給日は原則2か月に1回。

厚生労働省によると、育休手当は支給決定日からおよそ1週間で指定の口座に振り込まれるそう。

ということは、支給日は少なくとも育休開始から67日(2か月+1週間)はかかるということになります。

また、審査は即日完了するわけではなく、半月ほどかかると言われています。

育休開始から支給日まで、約3か月を想定しておくと良いでしょう。

2回目以降の育休手当の支給日は?

前述したように、育休手当の支給日は原則2か月に1回なので、2回目以降は2か月おきを目安に考えましょう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。