人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

健康的だという「酸化防止剤無添加ワイン」は本当に美味しいのか?飲んで確かめてみた!

2019.04.01

健康志向や食の安全に対する関心が高まる中で、注目されているのが無添加な食品や飲料。その流れはワイン市場にも波及していて、国内製造ワイン市場の販売金額構成比において、「無添加・有機」カテゴリーは約4割を占めているそうです(キリン・メルシャン調べ)。

しかし、健康的で安全はあっても、美味しくないと食指が動かないですよね。この記事では、「酸化防止剤無添加ワイン」が本当に美味しいのかどうか、検証してみました。

そもそも「酸化防止剤無添加」とは何?

「酸化防止剤(亜硫酸塩)」とは、市場に出回っている多くのワインに使用されているもの。ワインの酸化防止や雑菌・微生物の働きを抑えるために用いられ、少ない手間で品質を安定させることができます。

添加されるのはごく少量のため、人体に害はないとされていますが、まれにアレルギー反応を起こす可能性も指摘されていたり、危険性はゼロとは言い切れません。

無添加で美味しくワインを飲めるのであれば……と「酸化防止剤無添加」の人気が出るのもうなずけます。

さらに、「酸化防止剤無添加」は果実本来の自然な味わいを堪能できることも魅力。

酸化防止剤の危険性については断定できない部分が多いですが、不安な気持ちになるくらいであれば、無添加のものを選んで楽しい気持ちでワインを飲みたいですよね。それに、「健康的なものを飲んでいる」というプラシーボ効果で、健康になることもあるかもしれません。

酸化防止剤無添加でも美味しいワケ

酸化防止剤無添加の場合、従来とは異なる製法でワインを造らないと、青臭さなどの嫌なニオイがしたり、劣化して美味しくなくなってしまいます。

各社で工夫の仕方は異なりますが、キリン「メルシャン」を例に挙げます。

メルシャンは、12年連続で酸化防止剤無添加ワインカテゴリーNo.1のブランド(2006年4月~2018年3月実績/流通専門誌『ダイヤモンド・チェーンストア』調べ)です。

そんなロングセラーブランドのメルシャンの場合、各ワインの香味特長を引き出す2つのタイプの酵母を使用。果汁と酵母の絶妙なコンビネーションで、果実本来の匂いを引き出しています。

また、新鮮さを保つよう徹底した「フレッシュ製法」を用いています。ワインは酵母と離れた瞬間から酸化が始まりますが、メルシャンでは発酵が終了すると、例え夜中であろうと、すぐさま瓶詰めを行っています。

こうした工夫を行っているからこそ、無添加でも美味しさを維持したワインを飲むことができるのです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。