小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

切っても大丈夫?自分でSIMカードをカットする時の注意点

2019.03.19

SIMカットは失敗が伴うので注意が必要

ハサミを使うにせよSIMカッターを使うにせよ、SIMカットには失敗するリスクがあることは肝に命じておきたい。適切な位置だとしても、金属部分を一部カットするだけに、故障の可能性がある行為と認識しておこう。

【参考】

SIMカードを入れ替える時に注意すべきこと

SIMカットに失敗したら再発行が必要

カットに失敗してSIMが認識されなくなれば、再発行するしかない。当然、費用がかかってくるので、SIMカットは自己責任で行ってほしい。

なお、SIMは通信事業者からのレンタル品で、切断する行為は「故意による破損」とみなされる可能性もある。この場合、交換の事務手数料に加えて損害金が発生する可能性もあるだけに注意したいところだ。

SIMカットサービスというものはある?

大きなリスクをともなうSIMカット。「自分はうまくできないかも…」と心配する人向けに、「SIMカットサービス」なるものがあるようだ。

秋葉原なら、SIMカットサービスがある?

そもそも「SIMカット」という行為自体、通信事業者との契約条項に違反する恐れがある。よって、これを代行する業者が存在するかどうかは怪しいところだ。少なくともネットで検索しただけでは、こうした業者の情報は出てこない。秋葉原などのパーツショップが集まる場所で探せば、もしかしたら見つかるかもしれない。

秋葉原でSIMカットを代行してもらっても自己責任

仮に代行業者を見つけて頼んでも、通信事業者との契約条項が変わるわけではない。何かあっても、結局は自己責任ということは覚えておきたい。

SIMカット代行の利用は?

前述のとおり、代行業者を利用しても、SIMカットした時点で自己責任となる。さらに、正規の手続きでサイズ交換した場合、費用の負担は2000~4000円程度だ。代行業者を利用するほど不安なら、リスクのないサイズ交換を選ぶほうが賢明だろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。