小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【海外で輝く人】パリファッションウィークで仕事をするのが夢でした

2019.03.17

産後3ヶ月で仕事復帰「母から自分に戻れた」

楽観的な性格なので、そこまで落ち込んだりはしないのですが、フリーランスならではの苦労は感じます。絶対に今の仕事がずっとあるという保証はありません。2017年3月に第一子を出産しました。それまではフットワーク軽く動けていたのに、出産前後は仕事をセーブしなくてはいけません。本当は1月のファッションウィークにも出たかったのですが、臨月近かったので、さすがに断られました。仕事がしたくてしたくて、息子が3ヶ月になった頃、仕事復帰しました。日本では驚かれますが、フランスは育児休暇が3ヶ月なので、普通なことなんです。仕事復帰して、「母」から「自分」に戻っていく感じがしました。息子は夜もたっぷり寝てくれますし、義理の母がサポートしてくれるので、助かっています。

日本では常に早足だった

生まれも育ちも東京で、日本では時間の使い方がまるで違いました。常に早足で、なんであんなにせかせかしてたんだろう。日本に帰るたび、いろんな人から「穏やかになった」と言われます。パリにいると、小さい事が気にならなくなる・・・というか、気になっていたら暮らしていけない。ファッションウィークは年に4回〜6回の開催ですし、集中的に仕事をして、何ヶ月も仕事がない時もあります。その時は、息子とたっぷり一緒にいます。日本では、仕事がベースにあって、その合間に何かをするという感じだったので、今の仕事スタイルは耐えられなかったかも。今後は、日本の商品を扱う仕事をしたいと考えています。まだ計画段階ですが、お付き合いのある企業の方にその話をすると、「ぜひサポートさせて!」と言ってもらえます。パリに来てから、人とのご縁のありがたさをとっても感じています。

【取材協力】

ブノワ諒子さん
2012年パリに移住。パリファッションウィークで、イヴ・サンローランやトムブラウンなど一流ブランドの商談・販売を担う。日本語、英語、フランス語の通訳や、パリの企業へのアテンドなども行う。

文/岡のぞみ
フリーライター。営業、留学カウンセラー、広報の仕事を経て会社員10年目に独立。企業での1500件以上のPR経験を活かし、女性の起業やPRのサポートも行う。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。