人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.14

今でも根強い支持を誇る人気スマホ「iPhone 8」の売れ筋カラーは?

iPhone Xほど派手ではないが、iPhone 7から着実に進化したiPhone 8。iPhone 7を2年間愛用した人の中には、機種変更でiPhone Xにするのではなく、慣れ親しんだインターフェースのiPhone 8を選ぶ人も多いようだ。

カメラ(ポートレートライティング)やプロセッサ(A10→A11)も進化しているが、ワイヤレス充電(Qi規格)に対応したこともiPhone 8の大きな変化の1つ。この対応のため前面・背面とも強化ガラスを採用し、見栄えもずいぶんと変わった。この記事では、そんなiPhone 8の人気カラーを見ていこう。

iPhone(アイフォーン)8の色はどれが売れている? 特別カラーは?

現行のiPhoneシリーズは、iPhone XSとiPhone 8を除いて、モデルごとにカラーのラインナップが異なっている。一番バリエーションが豊富なのがiPhone XRで、ブルー、ブラック、ホワイトなど全5色。iPhone 8の前モデルであるiPhone 7は、iPhone 8にはないローズゴールドを含む4色だ。

このバリエーションとは別に、iPhone XR、iPhone 7、iPhone 8は特別色である「PRODUCT RED」が発売されている。iPhone XSとiPhone 8にはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色が用意されているが、iPhone XSは現行モデル中、唯一PRODUCT REDが無い。

iPhone 8の人気色第1位は、特別色のPRODUCT REDだ。ただし、これは在庫がすぐになくなってしまうほどの人気で、通常販売されているカラーではiPhone XSとiPhone 8から用意された新色のゴールドが人気だ。

iPhone 8 Plusになると、人気のカラーは変わる?

iPhone 7と同様に、画面が4.7インチから5.5インチになったiPhone 8 Plus。こちらも人気色第1位はPRODUCT REDで、第2位が新色のゴールド。

【参考】

iPhone 8と8 Plusの新色「PRODUCT RED」が意外と良さそうに感じるのはなぜ?

iPhone 8 Plus のカラーバリエーションはiPhone 8と同じ

もはや死語となってしまった感のある「ファブレット」(phoneとtabletを組み合わせた造語)として生まれてきた、大画面スマホのiPhone 8 Plus。持ちやすさや片手での操作を望む人は4.7インチ、Webブラウズや広い画面で何か仕事をしたい人はPlus(5.5インチ)を選ぶ人が多い。

この2つはカメラにも違いがあり、広角と望遠の2種類が搭載されているのがPlusだ。一方、カラーはiPhone 8と同じシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色展開で、人気順位も同じく新色のゴールドが人気のようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。