人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.11

問題が起きたらまず考えるべきことは?ロジカルな問題解決策のきほんのき

いまは女性やシニアなど、さまざまな人たちが一緒に働く時代。必ずしも、誰もがビジネスの基本に習熟しているとは限らない。さらに在宅勤務などで、自分一人で問題に直面する機会もあるだろう。

ビジネスにおいて問題が起きたときにどうすればいいのか、基本的な対処法を知らないと、戸惑ったり、かえって問題を複雑にしたりしてしまい、解決が遅くなる一方だ。

そこで、起きた問題について、解決のために必要となる「ロジカル」な思考による解決手順を確認しておこう。

ロジカルに考えることのメリット

問題解決の基本は、まず物事を「ロジカル」に捉え、考えることである。当たり前のように実践しているだろうが、そもそもなぜロジカルに考える必要があるのか。

研修トレーナーの上田毅さんは、次のように教える。

「みなさんの職場において、問題が起こったとき、どこから手をつければよいかわからず、前に進まなかったり、とりあえず手当たり次第に思い付きで行動してしまい、スムーズに解決できなかったりしたことはないでしょうか。ロジカルに考えることで、以下のようなメリットがあります」

1.複雑な問題をシンプルに捉えることができる
2.論点が整理され、解決策を見つけやすくなる
3.説得力が増し、周りを巻き込めるようになる

「複雑な問題が起こると、出口のない森をさまよっているような感覚に陥りますが、ロジカルに考えることで視界が広がり、出口へとつながる近道を発見することができます」

ロジカルに考えて問題解決する手順

そこで上田さんに、問題が起きたとき、ロジカルに考えて問題解決を行う手順を教えてもらった。

1.問題を見つける

「まず、問題を見つけるところからスタートします。何かトラブルが起こったとき、何が問題の焦点なのかを特定しなくてははじまりません。漠然と捉えるのではなく、問題を明確にします」

2.なぜ起こったのかの原因を分析する

「次に、その問題がどのような問題なのかを分析します。なぜ起こったのかといった原因を思いつく限り出します。そして、仮説を立てて、それらの複数考えられる原因のうち、どれが有力なのかを検証するために情報収集を行います。そして大きな原因と思われることを特定します」

3.解決策のプランを立てる

「分析が終われば、いよいよ解決策のプランを立てていきます。分析により見つけた大きな原因について、対処方法、予防策などの解決策のプランを立てます」

「問題が起こった場合、すぐに目についたところから解決策に取りかかりたくなりますが、そこをぐっとこらえて、『問題発見→問題分析→解決策立案』の順で整理して考えていくと、解決がスムーズですし、早く解決することも多いです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。