人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホテルのラウンジみたい!今、リッチなキャンピングカーが激アツ

2019.02.16

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

キャンピングカー=仮眠じゃ物足りない

車内で眠るだけでいいなら、フルフラットにできるクルマを選べばいい。

せっかくキャンピングカーを購入するなら、ゆったりくつろげるラウンジのようなリビングや、ホテルに引けを取らない寝室など、キャンピングカーでしか得られない“贅沢な時間”を手に入れては。

ジャパンキャンピングカーショー2019(2月1〜3日、幕張メッセ)でもハイエースやキャラバンベースで、ラグジュアリーな空間を生み出した車両に人々の視線が集まっていたようだ。

家族みんなでテーブルを囲むコの字型

テーブルを囲むようにソファを配置するコの字型レイアウト。奥に座ると途中で出入りしにくいが、家族なら問題なし。何よりもベッド展開が簡単なのがメリットだ。

デュオTypeS
ビークル/(展示車両:484万6200円/諸費用・税別)

ボトルラックや49Lの冷蔵庫、美しい丸形シンクなどエレガントな内装が自慢。2人旅のニーズに応えて設計しており、就寝定員は3人。

ふたり利用には贅沢なコの字型ソファ。食事の後にごろんと横になれば、いっそうくつろげる。

リラックスワゴン タイプ2
かーいんてりあ高橋/(展示車両:477万4000円/諸費用・税別)

9人乗りで、前向き乗車は5名。セカンドシートも3点式シートベルトを採用しており、長距離移動も楽にできるレイアウトだ。

写真はセカンドシートが前向きになっているが、後ろ向きにして両サイドのソファとともにテーブルを囲めるのが楽しい。ギャレーは車両後部なので、バックドアを開けてすぐに冷蔵庫に手を伸ばせる。

こちらはギャレーが運転席の後ろにあり、2人利用向きのリラックスワゴン タイプ1(展示車両:465万9000円/諸費用・税別)。ベンチ部分に切れ込みがありバックドアからアクセスしやすいよう配慮されている。

ウイングス プレミアム
セカンドハウス/(展示車両:556万7000円/諸費用・税別)

プライベート空間を重視したレイアウト・装備で、エグゼクティブ感満載。ハイエースベースで就寝定員は3人となっている。

テーブルは小さめで、足いれが楽。コの字型のほかに、L型も選べる。

プレミアムキャプテンシートを装備しており、プライベートルームのような空間。仕事や動画鑑賞など、静かに過ごしたいときに重宝する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。