小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

火がつかない!よくあるガスコンロのトラブルの原因と対処法

2019.01.25

ガスコンロの片方だけ火がつかない!その原因は?

ガスコンロの片方だけ火がつかない場合は、もう一方にはガスが送られているので、本体が故障している可能性は低い。その原因として考えられるのが、バーナーやバーナーキャップの油汚れ詰まりや水濡れだ。こうした汚れは、古い歯ブラシや爪楊枝などで取り除くといい。

掃除後のパーツは、濡れたまま付けると火はつかない。しっかりと乾かしてから、正しい位置に取り付けよう。

【参考】頑固な油汚れもピカピカに!ガスコンロをキレイに掃除する方法

チチチ、カチカチ……ガスコンロの点火音は鳴るが火がつかない?

通常、コンロの点火つまみを回すと、チチチ、カチカチ…という音がした後すぐに火がつく。しかし、音の後に火がつかない場合は、まず着火のための火花は出ているか確認しよう。

火花が見えないときは、電池切れの可能性が大きい。火花が少しでも出ているなら、バーナーとバーナーキャップに汚れや水濡れがないか、取り付けは正しいかを確認してみよう。

火花は出るのに、ガスコンロの火がつかないときにありがちなこと

「火花は出るのに、ガスコンロの火がつかない!」 こんなトラブルによくあるのが、「ガスの元栓が閉まったままになっていた……!」といううっかりミスだ。バーナーまわりの点検と併せて、元栓が開いているかを確認しよう。

ガスコンロの部品が水に濡れた! 火がつかないときの対処法は?

前述したとおり、掃除でガスコンロのパーツを水洗いしたあと、点火部分のパーツが水で濡れたままだと、うまく着火できない。とくにバーナーや点火部分の水分を、布巾などでしっかりと拭き取ろう。

こういった掃除以外にも、鍋の吹きこぼれが原因で火がつかなくなるケースもある。市販の拭きこぼれ防止グッズを利用するのもおすすめだ。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。