人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.22

入社6年目の本音「伝えたつもりでも店舗のマネージャーは違う受け取り方をしている」イケア・ジャパン村上梨加さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ~ イケア・ジャパン株式会社/村上梨加さん(29才、入社6年目)~

前編はこちら

中間管理職は部下との円滑な人間関係のために、20代の若手社員は同世代がどんな仕事に奮闘しているか、興味があるところであろう。この企画はバライティーに富んだ職種に従事する若手社員を紹介してきたが、今回は世界最大の家具量販店、イケアである。

シリーズ44回はイケア・ジャパン株式会社 IKEA新三郷勤務 チェックアウトサービスマネージャー 村上梨加さん(29)入社6年目だ。イケアはスウェーデンが発祥、欧州、北米、アジア、オセアニア等、世界各地に出店。スタイル別モデルルームをはじめ、レストラン、ビストロ、一時子供預かり所等も併設している。

公募制に手を挙げて、面接、承認、そして上司のサポートのもとにトレーニング期間を経て、リーダーやマネージャーに就くことができるシステムのイケア。村上さんは自ら挙手し、閉店後のレジの売上げを、本部で一括して精査する新システム導入のリーダーとなった。レジや会計エリアの経験がある村上さんは、スタッフの仕事の負担を軽減することにつながれば、素晴らしいことだと思っていたのだが――。

得意はハッピーな想像力

私はこれを導入できればすごいという、ハッピーなフローを想像することはできるんです。弱点は新システム導入に伴い、システムの不具合や人的な問題が生じるのではないかという、サッドなフローに関して、想像力が足りなかったといいますか。

その新システムはスウェーデンではうまく稼働していました。しかし、日本と外国では、タックスの仕組み等のお金の事情をはじめ、様々なシステムが異なります。外国と日本とのシステムの違いをいかにカバーするか。

新システム導入がうまくいくように、各店舗のレジや会計エリアを担当のマネージャーと、コミュニケションを取って仕事を進めたのですが。新システム導入のトレーニングの時間、準備する資料、トレーニングを受けるスタッフのリストアップ。これまで精査部門がやっていた業務一つが金銭管理に関わる書類の保管で、法律で定められた保管期間に関わる業務を、新システム導入後はどのようにしていくのかとか。各店舗に精査担当がいた時は、その日の売上げの結果を精査担当が抽出し、スタッフに情報を知らせていましたが、システムを導入した時、その作業を誰がやるのかとか。

あっ、村上さん、そういう意味だったんですか」

「村上さんは、その部分のことも含んで言っていたんですね」とか。

私は伝えたつもりでも、各店舗のマネージャーは違う受け取り方をしている。相手の認識を確認したつもりでも、そんな行き違いが何回かありました。私のサッドのフローの想定の足りなさと、伝え方の未熟さから、ギャップが生じたと反省することが多かった。

このプロジェクト専門に取り組んだのは私一人で。導入する日程は決まっているので、スウェーデンのプロジェクトリーダーと密にコンタクトを取り、すり合わせをしながら。一つの店舗で試験的に導入し、レジの売上金を本部で一括精査する新システムが、全店舗で稼働するのに3ヶ月間かかりました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。