人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.27

入社3年目の本音「新人社員だからといって教えてもらって当たり前じゃない」エースコック・提坂緑郎さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ~ エースコック株式会社/提坂緑郎さん(26才、入社3年目)~

 若手の仕事へのモチベーションを理解することは、中間管理職にとって人間関係を円滑にするための必須条件となっている。20代にとっても同世代がどんな仕事に奮闘しているか、興味のあるところに違いない。この企画はバライティーに富んだ職種に従事する若手社員を紹介してきたが、シリーズ43回はカップ麺で僕らに馴染みがあるエースコック株式会社 関東信越支店 提坂緑郎さん(26)入社3年目。

 大阪に本社を置く即席麺を製造・販売するエースコックは、2018年4月で創業70周年を迎えた老舗だ。発売30周年となる大盛りカップラーメンの先駆けの「スーパーカップシリーズ」や05年発売の「スープはるさめ」などベストセラー商品も多い。

 東京、池袋にオフィスがある関東信越支店に営業として配属になった提坂さん、部署の先輩社員とその雰囲気は――

周りは一回りも上の先輩社員ばかり

“驚き”と“やりすぎ”をテーマに「鬼辛とんこつ醤油ラーメン」等、「EDGE」シリーズのカップ麺を販売したり、エースコックは独特な商品が多くてユニークな企業だ。楽しく働けそうだぞ。内定をもらった時はそんな思いを持ちました。

 今の部署に配属されると、年の一番の近い先輩社員で35才。周りは営業歴十数年のベテラン社員ばかりで。世代のギャップもあるだろうし、果たして大先輩の中で、やっていけるのか不安もありました。

「提坂くん、キミな、外見を気にする前にまず、しっかり仕事を覚えなあかんぞ」

 関西が本社の会社ですから、関西弁の先輩もけっこう多い。社会人になって服装にもこだわりたいと、営業として恥ずかしくない程度の色シャツを着て出社した時、先輩にそれとなく声をかけられまして。1年間、色シャツは自粛しました。

 上下関係や仕事に関しては厳しい。反面、情に厚くて後輩の面倒見がいい。部署内にはそんな体育会系の雰囲気があります。身長184㎝の僕は、学生時代は運動部の活動をしていたように見られますが、実は体育会系の部活もサークルにも所属したことがありません。ですから、部署内の体育会系のノリに戸惑うところもありました。

 1年目は担当を持たず、先輩社員の商談、得意先のお店の棚の陳列、見積り作成の補助が中心でした。見積書の作り方は先輩が丁寧に教えてくれたのですが、ある時のことです。僕がデスクで見積書を作っている時に、先輩が仕事のことで話しかけてきた。

 僕は残業しないように作業を急いでいて、「そやろ、こやろ」と、先輩の指示にうなずきながら、見積書を作る手を止めなかったんです。すると、

「提坂、なんやお前、人が話をしている時に別な作業をするな、しっかり目を見て俺の話を聞け!」と。「す、すみません!」

「俺はそんなに怒ったつもりはないで」と、後日先輩は言っていましたが、関東の人間には関西弁がきつく聞こえますから。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。