人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.21

iPhoneのバッテリー寿命を延ばす方法

モバイル機器を始め、さまざまな製品に搭載されている「バッテリー」。大人気のiPhoneには、充電式のリチウムイオンバッテリーが搭載されている。この手のバッテリーには、当然、寿命があり、最近はそれを知っている人も多いと思うが、実際のところどれくらい持つのだろうか?

また、iPhoneはバッテリーの寿命が近づくと、消耗が激しくなることもあり、「寿命を延ばすための使い方」も、よく話題になっている。ただ、こちらは、いろいろな情報がありすぎて、どれが正しいのか分かりにくいのが現状だ。

この記事では、そんなiPhoneのバッテリー寿命について詳しく解説していく。

iPhoneのバッテリー寿命は何年持つ?

iPhoneのバッテリーは、だいたい何年くらい持つのだろうか? 設計上は、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを500回繰り返したあとも本来の蓄電容量の最大80%を維持できるようになっている。Appleでは、この「80%」まで落ちた状態を、バッテリーの「寿命」と定義している。ここまで劣化したら、バッテリーの買い替え時というわけだ。

【参考】iPhoneのバッテリーの交換方法と寿命を伸ばすコツ

上の説明にある「充電サイクル」とは、「バッテリー容量の100%に相当する電力を使い切る(放電する)」ことを意味している。これは、使い切るまでの充電回数はカウントせず、単純に合計して100%の電力を使うことを示す。例えば、バッテリー容量の75%を1日で消費し、夜にフル充電。翌日に25%を消費すると、その時点で「充電サイクル1回分」というカウントになる。

「充電サイクル」と「充電回数」は異なるので、単純に年数で算出するのは難しい。使用頻度が高く、1日に何度も充電を必要とする人はバッテリーがヘタりやすく、逆にあまり使わない人は、「充電サイクル」も緩やかなので何年も持つというわけだ。

確認はとっても簡単!iPhoneのバッテリー寿命を診断する方法

iPhoneのバッテリー本来の蓄電容量のうち、現在、維持できているパーセンテージが分かれば、バッテリーの寿命も判断できる。その方法をご紹介しよう。

まず、「設定」アプリを起動し、「バッテリー」をタップ(画像左)。次に、「バッテリーの状態」をタップする(画像中央)。ここで、「最大容量」に示されている数値が、本来の蓄電容量に対する維持率だ(画像右)。

【参考】iPhoneのバッテリー表示を解説!iPhone XSでバッテリー残量をパーセント表示する方法は?
【参考】まだまだ使えるiPhone 8!でもバッテリーの状態は大丈夫?

アプリを使えばもっとラク!iPhoneのバッテリー寿命確認

iOS 12以前のバージョンを使っているなら、アプリによるバッテリー寿命診断もおすすめしたい。この手のアプリはたくさんあるが、本稿でおすすめしたいのが「バッテリー・ライフ (Battery Life)」だ。

【参考】バッテリー・ライフ (Battery Life) 

iPhoneのバッテリー寿命をアプリで確認する

「バッテリー・ライフ (Battery Life)」では、「バッテリーの消耗状況」を見れば、文字どおり消耗状況がひと目で分かる。また、「RAWデータ」という項目では、バッテリーの詳細な情報も得られる。主要な機能の予想稼働時間も確認でき、とても便利だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ