人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.09

まだまだ使えるiPhone 8!でもバッテリーの状態は大丈夫?

2018年10月26日にiPhone XRが販売をスタートした。これでiPhoneの最新モデルはiPhone XS/XS Max/XRと出そろったが、2017年リリースのiPhone 8や8 Plusのユーザーも多いのではないだろうか。

「買い替えはまだまだ先のこと…」なんて思っている人でも、やはり気になるのが“バッテリー容量”。iPhoneはリチウムイオンバッテリーを採用していて、旧世代のiPhoneのバッテリーと比べれば耐用年数は長いものの、消耗品であることに変わりはない。バッテリーの劣化はどうしても避けられないうえに、それは徐々に進むため、バッテリーが現在、どんな状態なのかを体感的に知ることは難しいのが実情だ。

使い込んだiPhone 8のバッテリー容量はどうなっている?

2017年にリリースされたiPhone 8は、長い人なら1年以上使い続けていることになる。バッテリーの劣化はそれなりに進んでいるはずだが、iPhoneシリーズならバッテリーの状態を簡単に確認できる。「設定」アプリを起動し、「バッテリー」から「バッテリーの状態」をタップすればOKだ。

ここに表示される「最大容量」の数値が、新品の状態と比較したときのバッテリー容量を示している。バッテリーが劣化すると、この最大容量の数値が低下し、それにともなってiPhoneを使用できる時間が短くなっていく。

iPhoneシリーズのバッテリーは、著しく劣化すると、以下のメッセージが表示される。

「お使いのバッテリーは著しく劣化しています。Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーを交換すると、最大限のパフォーマンスや容量を取り戻すことができます。サービスオプションについての詳しい情報……」

この状態でも、引き続きiPhoneは利用できるが、本来のパフォーマンスは発揮しづらくなる。早めに交換したほうがいいだろう。

なお、iPhone 8のバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを500回繰り返したあとでも、本来の容量の最大80%を維持するよう設計されている。1日の最後に充電するスタイルなら、1年半近く使っても、それほど劣化はしない計算だ。

iPhone 8 Plusのバッテリー容量も同様に確認できる

iPhone 8 Plusは、iPhone 8に比べてディスプレイのサイズが大きい。その分、電池が消耗するため、より大きな容量のバッテリーが搭載されている。

このiPhone 8 Plusも、ほかのiPhoneシリーズと同じく、上で紹介した方法でバッテリー状態を確認できる。かなり使い込んでいて、バッテリーの劣化が気になる人は、一度、確認してみるといいだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。