人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneはスリープモードを利用すると調子が良くなるって本当?

2018.11.27

iPhoneのスリープモードの意味と解除方法

スリープモードとは、iPhoneの画面が消灯して画面にタッチしても何も反応しない状態を指す。それにより、消費電力を抑えるモードだ。

スリープモードになるのは「スリープボタンを押した時」と「何操作しない状態が一定時間経った時」。初期設定では、1分間操作を行わないとスリープモードになる。

冒頭で触れたように、スリープモードはiPhoneのバッテリーの持ちを左右する大切な機能である。iPhoneを使用していない時には、極力スリープモードにしておくことをおすすめする。

iPhoneのスリープモード解除方法

「スリープ(解除)ボタンを押す」「ホームボタンを押す」と、スリープモードは解除される。しかし、iPhoneのスリープモードを解錠する方法は、それだけではない。

「手前に傾けてスリープ解除」を設定しておけば、iPhoneを少し手前に傾けるだけでスリープモードを解錠することが可能だ。

【手前に傾けてスリープ解除の設定方法】

 

1.設定>画面表示と明るさと進む

2.「画面を傾けてスリープを解除」をオンにする

筆者も「画面を傾けてスリープを解除」を使用しているが、頻繁にスリープモードが解除されるようになるため、バッテリーの持ちはやや悪くなった印象がある。便利な機能ではあるが、設定してバッテリーの減りが早くなるようであれば、「機能性」「バッテリーの持ち」のどちらを優先するか判断した方がいいだろう。

iPhoneがスリープするまでの時間を設定する

先述したように、初期状態ではiPhoneがスリープモードになるまでの時間は「1分間」に設定されている。スリープモード(自動ロック)になるまでの時間は、30秒・1分〜5分(1分刻み)・なしの7種類から設定・変更が可能だ。

【スリープ(自動ロック)までの時間を変更する手順】

  

1.設定>画面表示と明るさと進む

2.「自動ロック」をタップし、任意の時間を選択する

筆者はスリープまでの時間は「なし」に設定し手動でスリープにしているが、バッテリーの減りはとても早い。すぐに充電できない環境にいる場合には、短めの時間を設定しておくのが良い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。