人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ケータイ回帰が進行中!?この冬の最新スマホの選び方

2018.11.13

auの秋冬ラインアップは物足りない

石野氏:まぁ、この秋冬はケータイがいいんじゃないですかね、「INFOBAR xv」があるし。INFOBARがなぁ、早く発表したわりにはカードケータイに食われちゃった気がする。

法林氏:先日、INFOBAR xvを借りて動画の収録をしたんですよ。スタッフの1人がこれいいなってポケットに入れたら、出すときにタイルキーがひっかかった。危ない。

房野氏:引っかかったら、あのキーは剥がれそうですね。

法林氏:すごく危ない。

石川氏:「Find X」のせり出すカメラかタイルキーかって。

石野氏:クラウドファンディングのケースに入れておけって感じじゃないですか。INFOBAR xvは、SIMのピンまでINFOBARの形だったりとか、凝っていていいんですけど、またINFOBARかという感がどうしてもある。

石川氏:あれこそナンバーシェアで使いたかったなぁ。

石野氏:どうせ出すならそこまでやってほしかった。

法林氏:auはちょっと物足りないですね。

石川氏:去年、auは「ケータイの形態学 展」を大手町でやったじゃないですか。あのときに深澤直人さんがデザインした「SHINKETAI」っていう小さいケータイのコンセプトモデルを展示した。だから、KDDIも小さいケータイを考えていて、デジタルデトックスとか言っていて、それがまさか今回、ドコモから出るってところが面白い。しかも京セラ製。その辺り、砂原さん(初代INFOBARからau Design projectに携わってきたKDDI プロダクト企画部 マネージャーの砂原哲氏)に話を聞きたい(笑)やっぱり若干、今のKDDIは保守的になっているというか、あまり挑戦していないじゃないですか。「Pixel 3/3 XL」を出すとも言わないし、ケータイだったら安牌なINFOBARだし。

法林氏:だからって「Fx0」(吉岡徳仁氏がデザインを担当し、2014年にauから発売されたFirefox OSを採用したスマホ)を出すわけにはいかないでしょう。

石川氏:だから、Fx0の反省があるんだなって。

石野氏:反省しすぎでしょう。

法林氏:あれのために、わざわざみんなでサンフランシスコまで取材しに行ったのに。

石川氏:そうですよ。

石野氏:auは手堅すぎてびっくりするラインアップだなと。

法林氏:何もなかったもんね。

石野氏:サプライズが一切ない感じで、逆にすごいなと思った。

石川氏:本当はauの説明会(au 2018 秋冬モデル タッチ&トライ)に行くのやめようかと思った。

法林氏:申し訳ないけど、ワクワク感がかけらもなかった。

石野氏:説明会の冒頭で「ワクワク感が」みたいなことは言わない方がいいですよね。

房野氏:会場も小さかったですね。

石野氏:場所もワクワク感がないですね。

石川氏:ショボさしか出てこないんだよ。

房野氏:次回に期待したいです。

......続く!

次回は、秋冬スマホ・ケータイについての後半を話合います。ご期待ください。

法林岳之
法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温
石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也
石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子
房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。