小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

社員の猛反発も!?人事評価制度から働き方改革の成果を出した企業事例3選

2018.11.12

3.土台作りとコンピテンシー項目の見直しで14%の給与アップ!

給与アップ実現部門で表彰された株式会社ラブ・ラボは、香川県高松市に本社を構える、衣料・雑貨の小売・卸売、衣料品のプリントサービスなどを手掛ける会社だ。

かつて社長に一任で、目標・達成基準があいまいだった人事評価制度から脱却。新しい人事評価制度を導入したことで、営業利益が前年21%アップ、評価結果を厳密に報酬に反映したことで、評価対象社員の給与が前年14%アップにつながった。さらに労働時間あたりの売上生産性も上がったそうだ。

成果につながった要因として、急に新しい人事評価制度を導入することはせず、まずは評価制度を運用するための体制・サイクル・環境といった土台づくりに注力したことを挙げている。また評価項目のうち、業務に直結しないコンピテンシー項目(※)について、わかりやすく明確な評価基準を設け、シンプルにするなどして設計し直したことで、適切で明確なコンピテンシー項目となり、個人パフォーマンスの向上に寄与したのではないかという。

※コンピテンシー:あしたのチームの「ゼッタイ!評価」におけるコンピテンシーとは、高い業績や成果を上げている従業員の行動思考・行動特性のことを指す。
具体的には、自己の成熟性、変化行動・意思決定、対人(顧客)・営業活動、チームワーク、業務遂行、戦略・思考、情報活用、マネージメントのこと。

いずれも人事評価制度導入を通じて、社員の意識が一変し、生産性が高まった事例である。評価のされ方が変わったことによる各人のモチベーションアップはもちろんのこと、社員と評価者のコミュニケーションや目標の共有といったことによる効果も大きいようだ。

【取材協力】
株式会社あしたのチーム
中小企業の働き方改革を実現する人事評価制度を提供している。導入社数は1500社超。2018年10月よりテレビCMも放映中。
https://www.ashita-team.com/

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。