小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

元ヤクザの異色メンタルコーチが語る自己評価メソッド「ベンツに乗り、自分を偽る」

2015.10.07

■お金も、時間も、愛も、健康もあれば何をやるだろう?

 ただし、ひきこもるようにして過ごした約2年もの時間は、彼にとって、自分を見つめ直す貴重な時間となった。

「そもそも俺は、何のためにこの組織にいたのか?」

 結局、人から受け入れてもらいたい、人に認められたい、という思いだけだった。その点では、普通の学生や会社員と何ら変わりなかった。いや、施設に入っていた幼児期から何も変わっておらず、入った組織が違っただけだった。裏社会にいても、結局は、自分の力で、仲間を幸せにすることが加藤の夢だった。

 いったいなぜ、何のため、暴力が支配し、敵意と死が日常的な世界にいるのか――?

 加藤は、考え続けた。

「すると自然と、仲間と距離を置くようになってきたんです。今、裏社会で自分の力は弱まっている。それで、ちょうどよかったじゃないか、と。今思えば、変わる時、最も大切なことは『手放すこと』だったのです」

 現実は手放した瞬間、動き出す。捨てた瞬間から、目の前に起きる出来事の意味が全て変わっていく。そのためには、自分にとって一番大事なもの以外はすべて捨てる覚悟が必要だ。そして、一番大事なものを大事にしている人は、人生を狂わせたりしないだろう。

 同時に、こうも考えた。

「愛情というのは、果たして他人から与えられるべきものなのか?」

 自分は、恥ずべき人生を歩んできたつもりはなかった。だが、力、カネ、それに伴う権力を失うことや、現状を思うと、そこには恐怖しかなかった。なぜ、恥ずべきことはしていない自分が、恐怖と、飢餓感に苛まされているのか?

 答えは、一つだった。

「自分と誰かの関係より、自分と自分の関係のほうが大切なんだ!」

 自分が自分をどう思うかが問題で、他人からどう思われるかは問題ではない。他人はコントロールできないが、自分が自分を好きなら、それでいい。自分が、自分の歩むべき人生を歩めていればそれでいい!

 そう思った瞬間、心がラクになった。

 彼は「自分と世界の関係も同じだ」と考えた。本当の愛や幸福は、境遇や出来事などに左右されない。出来事に、色はない。それに色をつけるのは自分自身に他ならない。全ての現実は、内側の意識が投影されたものだ。今、目の前にある現実も全て、俺の意識がつくり出したものだ――。

「じゃあ『心の中で、本当にやりたいことって何なんだ?』と思ったんです。お金も、時間もあって、人に愛されていて、心身共に健康だったら、何をやるだろう? 現状はそうではないけれど、素直に、それをやればいい、と思ったんです」

 加藤は、興味深いたとえをする。

「ワル時代の私は、言わば、残業したくねぇなぁ、と言いながら働いているサラリーマンに似ていたと思います。お金がないから、状況が許さないから、会社を辞められない、と思うかもしれませんが、それを捨てなきゃ、自分は変わらない。そして、自分の評価はお金や地位など、相対的なものでは決まらず、自分をいかに愛せるか、それだけで決まると思うんです。嫌な仕事より、無邪気な子どものように、肯定的にできる仕事を選んだほうが、どれだけいいか」

 ここから加藤は、時には借金までして、自己啓発セミナーなどに通い始めた。通い出せば徹底したもので、数千万円を投じた。さらには、懐かしい少年院を廻って、講演を始めた。もちろん、1円にもなりはしない。

 だが、彼はそうしたかったのだ。

(第3回に続く)

取材・文/夏目幸明

1972年愛知県生まれ。早稲田大学卒業後、広告代理店へ入社し、ジャーナリストに。経営者、マーケター取材を主に、現在、週刊現代「社長の風景」、ダイヤモンドオンライン「ヒット商品開発の舞台裏」などを連載。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。