小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

元ヤクザの異色メンタルコーチが語る自己評価メソッド「ベンツに乗り、自分を偽る」

2015.10.07

■行き先は、刑務所か「行方不明」

 加藤は、その後、周囲に認められ、「200メートル向こうからでも私と分るほど派手な格好」をし、真っ白なベンツを乗り回した。

 だが、心の奥に、偽れない思いがあった。母に手錠姿だけは見せられなかったこと、お釣りを返そうとしたこと……いずれもそうだが、彼は、自分の心の奥底に、愛情や献身としか名付けられないものがあることに、うっすら気付いていたのだ。

「私も結局、愛情がなければ生きられなかったのです。当時の私のような人間でさえ、そうなんだ。人間、強いヤツなんて、きっとどこにもいない。人は、乾くほどに愛や、幸せを求めているんです。ただ、それが当時の私には、明確にはわかっていなかった」

 加藤は違和感を覚えながらも「その道」にいるしかなかった。そんな中、彼は会社員風に言うと「親会社へ出向して教育係をつとめる」ような仕事をした。上部団体に行き、若い構成員に、煙草の火の付け方のような小さなことまで、この世界の礼儀作法を教えるのだ。だが、彼はここでも胸を痛めた。若い構成員が出所して戻ってくれば「幹部になれるんスよ!」といった口約束で重犯罪を犯す。根はいいヤツもいたが、刑務所に入るならまだしも、「行方不明」になる人間もいた。彼は葛藤に苦しむようになった。

「実は何人か、逃がしてやったヤツもいます。よその組の子を預かっているんだから、勝手なマネはできないのですが……もう時効でしょ(苦笑)」

 よいことをして「時効」もないが、彼は生来持って生まれた「愛されたい」思いと、自己犠牲をもいとわぬ気持ちを捨てられなかった。捨てようがなかった。それが本来の自分だったからだ。そんな折、彼に転機が訪れた。加藤いわく「今でも話せない」らしいが、様々な事情で、スーツの件の人物と、当分、会うことができなくなってしまった。殺されたわけではなかったが、当分、活動ができなくなってしまったのだ。

 その瞬間だ。彼が身にまとっていた力のオーラは消えてなくなり、同時に、偽りの愛情がすべて明らかになった。彼女が敵対する組織に連れて行かれた。仲間だと思っていた人間が、彼を売った。捨て台詞は「あんたが組織の人間だから着いてきたんだ。別にあんたに着いてきたわけじゃない」だった。

 加藤はやつれ、髪が抜けた。

「まだ20台の後半でしたが、今より、歳をとってみられていましたよ。そして、スーツの件の人物が復帰しないと決まって、その瞬間、僕の存在は宙に浮いてしまったんです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。