人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入局7年目の本音「将来は、女性初の女性特別救助隊隊長も視野に入れたい」横浜市消防局・友岡杏奈さん

2018.11.07

■あなたの知らない若手社員のホンネ ~横浜市消防局/友岡杏奈さん(27才、入局7年目)~

前編はこちら

若手の仕事へのモチベーションを理解することは中間管理職にとって、職場での人間関係を円滑にする必須条件。20代も同世代がどんな仕事に汗を流しているのか、興味のあるところに違いない。バラエティーに富んだ職種を紹介してきたこの企画、今回は横浜市消防局の女性特別救助隊員の紹介である。女性の特別救助隊員は全国で4人のみ。横浜市消防局ではその長い歴史の中で、初めての女性隊員。文字通りのフロンティアである。

シリーズ41回、横浜市消防局 特別救助隊員 友岡杏奈さん(27)入局7年目。災害現場に先頭になって突入し、人命救助を最優先の使命と特別救助隊員は、屈強な男たちの集団として知られている。災害の現場の最前線で人命救助の任務を担いたいと、特別救助隊を志願した友岡さん。腕立て伏せ2秒に1回が40回以上、握力左右45kg以上、背筋力150kg以上、懸垂4秒に1回が15回以上、20mのシャトルラン95回以上……。

そんな体力試験の基準が満たせず、何回か試験に失敗。それでもめげずにトレーニングに励んでいたある日、懸垂の練習中に友岡さんは右肩を脱臼してしまう。

脱臼からの復帰

入局4年目のことです。勤務する保土ヶ谷消防署内でした。懸垂のトレーニングをするために、訓練用の鉄棒に飛びついた時に右肩に痛みが走り脱臼して。医師の勧めで手術をしましました。それまでは当直と非番を繰り返す、火災現場に対応する隊員としての勤務でしたが日勤に移り、小学校や赤ちゃん教室で防災指導をしたり。

振り返ると、右肩の脱臼が自分を見直すいい機会になりました。その時、選択肢は色々とあったのです。年齢制限もクリアできるので実家に戻り、地元の消防署に勤務することもできる。日勤の子供たちを相手に防災教育の仕事も楽しかったし、救急救命士の資格を取得していましたから、救急車を担う救急隊を志願してもいい。大型免許も取得しましたから、内部資格を取得して消防車の運転を志すこともできます。

特別救助隊の隊員を目指すのは、もういいかな、そんな思いが頭をもたげましたが……。ここで諦めるのは簡単です。でも、係長も先輩も同僚も励ましてくれましたし。ケガをする前はトレーニングの成果が徐々に現れ、体力がつき、体力試験の基準クリアが見えていた。特別救助隊を目指して横浜に来たのだし、私の負けず嫌いはハンパではないし、何よりこの大ケガを乗り越え、特別救助隊員に選抜試験にパスすることができたのなら……。

私って強い。そう自分の中で誇れるに違いないと。

術後すぐにリハビリを兼ね、署内でチューブを使ったトレーニングを開始して、徐々に負荷をかけるようにして。ケガをした年の特別救助隊員の選抜試験は、さすがにパスして、翌年5月に行われるロープブリッジの大会を目標にしたんです。

体力試験はパス、しかし――

ロープブリッジはピンと張った20mのロープを、うつ伏せで渡り仰向けで帰ってくる速さを競う大会です。ケガから半年後には24時間勤務の当直と非番を繰り返す、火災現場に急行する隊の任務に復帰をしましたが、当時、勤務していた保土ヶ谷消防署の屋上にロープを張り、ひたすら練習を繰り返しました。

以前も出場したことがありましたが、ケガの後に参加したロープブリッジの大会で、自己ベストが出たんです。男性ともそこそこ勝負できるタイムが出たことが自信になり、10月上旬の特別救助隊員の選抜試験に挑戦しようと。私にとって3回目のチャレンジでした。そして結果は――。

基準をすべて満たすことができた。私は体力試験をクリアしたんです。でも、だからと言って特別救助隊の隊員になれるわけではない。合格者は体力試験に好成績を収めた上位36人で、私はその中に入れなかったのです。

「よく頑張ったね!」「すごいね!」先輩や同僚はそんな言葉を贈ってくれましたが、結局、私は特別救助隊員にはなれなかった。

ところが、横浜市消防局の特別救助隊に関わる部署では、私のことで話し合いが持たれたと聞きました。「全国的には女性の特別救助隊員が何人か出てきている。これからも特別救助隊の隊員を目指す女性はいるに違いない。それを体力試験の順位だけで、切り捨てていいのか」「被災現場で屈強な男だけで被災者に接すより、女性がいれば安心感につながるのではないか」「彼女は救急救命士の資格を取得している。人命救助の現場で力を発揮するのではないか」、そんなことが話し合われたことも、断片的に聞かされました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。