人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今さら聞けないスマートスピーカー「Google Home」の使い方

2018.11.02

テレビCMでもおなじみの「スマートスピーカー」。これは、内蔵マイクで音声を認識し、さまざまな操作をする製品だ。AIアシスタント機能を持つことから、AIスピーカーとも呼ばれている。「Google Home」は、その中の人気製品の1つだ。

近ごろ話題になっているのは知っているけれど、具体的にできることが、いまいちピンと来ない…。そんな方のために、Google Homeでできることを簡単にまとめてみた。

・調べものをする(インターネットで検索するのと同じ)
・予定を管理する
・タイマーやアラームをセットする
・エンターテイメントを楽しむ(音楽や映像など)
・スマートホームを操作する(連携する家電の操作)

「これって、パソコンがあればほとんどできるじゃないか!」と思った人は、ちょっと落ち着いて考えてほしい。Google Homeの最大のメリットは、これらをすべて「声」で操作できる点にあるのだ。

例えばスケジュール管理や、アラームのセットについて。Google Homeを起動させて、「明日の10時から会議」や「7時半にアラームを鳴らして」と命令すれば、それだけでGoogleカレンダーに記入し、アラームをセットしてくれる。PCやタブレット、あるいは携帯を操する手間を考えると、どちらが楽なのかは比べるまでもないだろう。

Googleの連携も見逃せない。例えばAIアシスタントには、「Googleアシスタント」が使われているので、調べ物をするなら、この高い検索精度は頼りになるだろう。エンターテイメント利用も、「Chromecast」と連携すれば、動画を簡単にテレビ画面に映し出せる。

ただ、最後のスマートホームについては、日本ではまだ対応する家電が限られている。とはいえ、お掃除ロボットを始め、少しずつ増えてきているので、これからに期待したい。

【参考】使う前に知っておきたい『Google Home』でできること、できないこと

セットアップはわずか10分!Google Homeはアプリで設定する

「この手の新しい機器は、設定が面倒くさそう…」と心配する方も、安心してほしい。Google Homeの設定は、驚くほど簡単だ。

Google Homeを使うには、インターネットへの接続が必須となる。Wi-Fi環境を整えたうえで、以下の流れで設定しよう。

(1)電源ケーブルを Google Homeに差し込む
(2)電源アダプターをコンセントに差し込む
(3)スマートフォンやタブレットでGoogle Home アプリをダウンロードして実行する

面倒な設定は実質的にアプリ上で設定するので、操作自体はいたってシンプル。具体的には、Google Homeアプリ上でGoogleアカウントを設定し、設定したいGoogle Homeを登録。あとはGoogle Homeアプリの指示で、細かい設定を進めるだけで設定は完了する。新品を買ってきても、開封からわずか10分もあれば、スマートスピーカーのある暮らしが実現できるだろう。

【参考】Google Home デバイスをセットアップする(公式サイト)

Google Home Miniの設定方法もまったく同じ

Google Homeには、「Google Home Mini」という低価格バージョンが存在する。また、日本国内では販売されていないが、「Google Home Max」と呼ばれる高価格バージョンもある。

「値段が安いと、機能が制限されてるんじゃないの?」と心配するのはもっともだが、じつは一連のシリーズでできることに大きな違いはない。おもにスピーカーの性能差とサイズの違いによって、バリエーションが構成されているのだ。

よって、Google Home Miniの設定方法も、Google Homeとまったく同じ。Google Homeアプリを使えば簡単にセットアップできる。

ちなみに、Google Home Miniは、本体サイズが小さく、電源供給もマイクロ USB 経由となっている。持ち運びを意識した、設置場所を問わない製品なので、その点を踏まえてGoogle Homeと使い分けるといいだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。