人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.08

従来の人間ドックとはどう違う?次世代型健康診断「KRD Nihombashi」の気になる中身

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

眼、歯、血液にフォーカスし、年間を通じてフォローを行う

 10月中旬オープン予定の「KRD Nihombashi」は、継続的に健康に意識を向けることで病を防ぐ次世代型健康診断サービスを提供する施設だ。健診結果に安堵して終わりにするのではなく、健診結果を受け取ってから日々の生活習慣の改善をスタートするのが最大の特長。健診の後も強く意識して正しく学ぶための、栄養、運動、マインドフルネス、最新医学セミナーなどを年間を通じて開催する。

 スタンダードな人間ドックとKRD Nihombashiが異なる点は、生活習慣病と強い因果関係のある眼、歯、血液にフォーカスした健診を行うということ。血液は最新医学の情勢に合わせた70項目以上の血液検査と、6カ月ごとにフォローアップ検査を行い、時系列での管理を実施する。歯科は東京医科歯科大学名誉教授の和泉雄一氏監修による口腔内細菌叢の動態管理実施、眼科は再生医療の分野で活躍する神戸アイセンター病院の高橋政代氏監修によるアイセンターとの遠隔読影体制を構築している。

KRD Nihombashiの健診の流れ

 KRD Nihombashiの標準プログラムは3種類。人間ドック(胃なし)+眼科+歯科+血液検査+6か月後のフォローアップ血液検査で9万5000円(税別以下同)、人間ドック(胃あり・バリウム検査)+眼科+歯科+血液検査で11万円、人間ドック(胃あり・胃内視鏡検査)+眼科+歯科+血液検査で12万5000円。健診予約はKRD Nihombashiサイトから。申し込み時点から検診日の前日までに、事前のオンライン問診300問を、食生活やライフスタイルを把握するため5日間毎日入力を行う。

 健診にかかる時間は受付→健診→食事→診察といった流れで5時間ほど。上下のオリジナル健診着、室内履き、トートバッグを用意しており、健診後はすべて持ち帰ることができる。また施設内にはWi-Fiを完備し、各所にブースやイス、カウンターなどワークスペースがあり、受診の合間に仕事や作業ができるスペースを設置している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。