小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

職場で総スカンになる30代社員の特徴

2018.09.18

■ひとりで仕事ができると思い込む

 会社の仕事が、ひとりで完結すると信じ込んでもいる。だからこそ、相手を怒らせるような物言いを悪びれることもなくする。それでいて、自分が後輩などから軽く扱われると、過激な物言いで抑えつけようとする。こうして、しだいに浮いた存在になり、排除されていく。

 ほとんどの会社員の仕事は上司をはじめ、同僚や他部署、取引先などで成り立つ。その根幹をなすのが、人間関係だ。だからこそ、多くの人は嫌いな人とでも、表向きは良好な関係をつくろうとする。

 良好な関係をつくると、仕事の情報を素早く入手したり、仕事の方法などを教えてもらう機会も増える。この積み重ねで、実績に差がつく。攻撃的な物言いをしてメリットなど、何もないのだ。

 このタイプは、得てして10代のころから集団生活の中で生きていくことが得意ではない。大学受験などのように、ひとりで黙々と勉強し、知識を獲得することができたとしても、組織の中で他人と関わり、良好な関係をつくり、その中で何かを成し遂げることを苦手とするタイプが多い。だからこそ、20代前半の頃から職場で周囲との摩擦が絶えない。

■中途半端に生意気

 生意気で攻撃的であろうとも、20代で頭角を現し、30歳ぐらいで独立し、会社を経営する人もいる。だが、その多くは廃業や倒産の憂き目に遭う。このように独立するだけの力があるならば救いようはあるが、実際は、生意気で攻撃的な人の大多数は、そのまま会社に残る。つまり、どんがった部分がありながらも、中途半端なのだ。だからこそ、「ただ、生意気なだけ」と見られ、逆に攻撃を受け、ついには排除されていく。

 生意気であることが、問題ではない。中途半端であることが、問題なのだ。30代前半までくらいで、全社員の中で数パーセント以内に入る力があり、それを裏付ける実績を残すことができたならば、少々、生意気であっても構わない。そのような人は、企業社会全体で1パーセントにも満たないが。

 私が最近、見る30代半ばまでで失速する人の7~9割は自分をかいかぶり、高く評価しすぎて、他人に攻撃的になる傾向がある。読者の職場にも、こういう人はいないだろうか。反面教師として観察すると、学ぶものがあるはずだ。

文/吉田典史

ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」(KADOKAWA/中経出版)。

※記事中のデータ等は取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。