人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.02

今や全国で130種以上!人気のダムカレーを元祖から次世代型まで一挙紹介

 ライスでダムの壁(堰堤)を、カレーでダム湖を表現した「ダムカレー」。半世紀近く前に、黒部ダム付近のレストランが「アーチカレー」という名で販売し始めたのが、発祥である。

 時代は下って2007年に、和食レストランの三州家(東京都)がダム好きに向け、裏メニュー的に出していたのがメディアに取り上げられて大きな話題となり、これを契機にぽつぽつと各地でダムカレーが出始めた(黒部ダムの「アーチカレー」も2009年に「黒部ダムカレー」と改称)。さらに、国土交通省がインフラツーリズムを推進し始める2010年代前半から、突如として大急増。あれよあれよと、津々浦々で130種類ほどのダムカレーが提供されるようになった。ここまで増えると、各店は差別化をはかって、実に多彩なダムカレーが登場することになる。

 今回の記事では、元祖から「これがダムカレー?」と驚く個性派まで、選りすぐったダムカレーを紹介したい。

元祖「黒部ダムカレー」(くろよんロイヤルホテル他)

 未曾有の難工事を経て、完成から55年を過ぎてなお、日本一の高さ(186m)を誇り、多くの観光客が訪れる黒部ダム。黒部ダムとカレーの結びつきは、極寒の地でダム建設に従事する作業員に出されたカレーに始まる。

 ダムが完成して間もなく大町クラブハウス(現くろよんロイヤルホテル)で「アーチカレー」という名でダムカレーが産声をあげ、1970年頃には扇沢駅大食堂(現扇沢レストハウス)でも本格的に提供が始まった。

 今では、地元大町市の黒部ダムカレー推進協議会に加盟する18店が、各店の趣向を凝らしたダムカレーを提供中。なかでも元祖の元祖といえる、くろよんロイヤルホテルのダムカレーは、地元産古代米を混ぜたライスがアーチを作り、ルーにはポークカツレツが乗った上品な雰囲気の一品。

 各地のダムカレーを見ると、ルーが堰堤の外側(ダム湖)にあるもの、内側にあるものに分かれるが、黒部ダムカレーは全て外側にある。これは、推進協議会が定めた「黒部ダムカレー5つの掟」の1つに「カレーのルーは必ず堰堤の外側に流し込むべし」という掟があるため。また、ルーの上には「ガルベ(遊覧船)」に見立てて、なにかしらトッピングを乗せるという決まりもある。そうした、こだわりの反映された各店の黒部ダムカレーを食べ比べするのも一興だろう。

【基本情報】
住所:長野県大町市大町3887(大町市商工労政課内:黒部ダムカレー推進協議会事務局)
電話:0261-22-0420(内線543)
公式サイト:http://kurobedam-curry.com/

みなかみダムカレー(旅館たにがわ他)

 利根川源流に位置する、群馬県みなかみ町。ダムが7つもあることから、「関東の水がめ」あるいは「ダムの聖地」と呼ばれるこの町には、当然のごとくダムカレーがある。ダムカレーを提供するところは10店近くあり、その1つが「旅館たにがわ」。

 ここで提供される、特製「みなかみダムカレー」は充実の3種類。アーチ式の矢木沢ダム、ロックフィル式の奈良俣ダム、重力式の藤原ダムと、型式の異なるダムをモチーフにし開発された。

 なかでも一番人気なのは、アーチ式のダムカレー(上写真中央)。ルーには県産のマイタケとこんにゃくが入っているが、それぞれ流木と魚を表す。上州牛など地元食材をふんだん使い、味もよろし。食べるときには、堰堤に見立てたライスの中央を崩し、ルーを「放流」するのがお約束。日帰り利用でも食べられるが、予約が必要で、ランチ時に提供される点に注意。

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡長野原町大字林1567-4
電話:0279-83-8088
時間 9:00~20:00(ダムカレー提供時間:11:45~12:30)
公式サイト:http://www.ryokan-tanigawa.com

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ