人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.02

新宿から府中、京王永山まで400円で乗れる京王ライナー座席指定券の満足度

京王電鉄(以下、京王)では2018年2月22日から、特急より上位の“チャンピオン列車”として、〈京王ライナー〉の運転を行っている。座席指定券を購入すれば、始発の新宿から最初の停車駅まで確実に坐れるのが特徴だ。

細かい設定の専用券売機

座席指定券券売機は、改札の内外に配置。

京王線新宿駅の券売機の一角に〈京王ライナー〉の専用券売機がある。買い方は意外と細かく、希望の列車→乗車人数(1~4人)→希望の号車(1~10号車のほか、希望なしもある)と進み、購入。ただし、席番は選べない。料金は400円(大人、子供同額)で、新宿を発車し、最初の停車駅まで席が保証されている。

また、ホームを含めた改札内にも専用券売機があり、買いやすい環境を整えている。

しかしながら、京王チケットレスサービスの会員(登録制)のみ席番を選べられるというのは、いかがなものだろうか。JR東日本や私鉄では、会員登録をしなくても、“好みの席を選べる券売機”が存在するのだから。

新宿2番線から発車

〈京王ライナー〉新宿発の平日は、20時以降の毎時00分発が京王八王子行き、毎時30分発が橋本行き。土休日は17時以降の毎時00分発が京王八王子行き、毎時20分発が橋本行きで、わかりやすい。また、全列車2番線から発車する。

私が乗車したのは、土曜日の〈京王ライナー1号〉京王八王子行きで、新宿を17時00分に発車する。平日はビジネス、土休日はデパートの買い物客、行楽地からの帰りなどをターゲットにしているのだろう。

2代目5000系の花形列車、〈京王ライナー〉。

室内灯は調光調色機能つきのLED照明。

〈京王ライナー1号〉京王八王子行きが入線すると、車内の整備点検が行なわれる。デュアルシートはロングシートから回転式クロスシート、室内灯は白色から電球色にそれぞれ変わる。

それが終わると、客扱いを開始。有料列車ということもあり、乗降用ドアは、各車両の両側のみ開く。車内にはBGMが流れ、優等列車の雰囲気を醸し出す。

私が指定した先頭1号車は、空席が多いにもかかわらず、なぜか相席。前方の席が埋まり、後方が空いているのだ。1両あたりの乗車率が50%にも満たないのに、いささか疑問を覚える。通路側の席に坐っている乗客なら、“最初の停車駅で空席に移る”という選択肢がある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ