人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.29

乗ればすぐにわかる!タフでおしゃれな軽4駆、新型「ジムニー」爆売れの理由

 スズキの軽四駆、新型『ジムニー』が発売以来、売れに売れているそうだ。ウワサでは納車は年明けになる、なんていわれている。

『ジムニー』は1970年に初代が登場、2代目は1981年、3代目は1998年〜2018年までとそれぞれが驚くほどのロングセラー。2018年7月5日に発売された4代目は初代や2代目をイメージさせた無骨さが魅力。パッと見た瞬間に『ジムニーだ!』ってわかる。

 筆者も排気量550ccのターボエンジンを搭載した2代目ジムニーに乗っていたことがあり、新しい『ジムニー』を見て、なんだか懐かしい気持ちになり、乗ってみたくなった。そこで、オン/オフ試乗で新型『ジムニー』、新型『ジムニーシエラ』を試してみることにした。

全長3395×全幅1475×全高1730mmとしっかり軽自動車の規格内に収まる、超コンパクトな本格四駆。

スクエアなスタイルにより、『ジムニー』らしさが強調されている。


排気量1460ccの新開発4気筒エンジンを搭載する『ジムニーシエラ』も登場。ワイドなフェンダー、バンパーなどによりワイルドさを増している。

見た目は『ジムニー』そのもの

 試乗するにあたり、じっくりと外観を眺めてみる。丸型2灯ヘッドランプと独立したターンランプ、ブラックのグリルはちょっとレトロな雰囲気を出しつつ、歴代『ジムニー』の伝統をしっかり継承している。

 エンジンは658cc直列3気筒インタークーラーターボを搭載する。パワーは64PSを発揮。車両重量は1000kgを超したが、キビキビと動かすことができる。試乗は5速マニュアルシフト車だったが、4速オートマチックミッション車も用意されている。

 ブリジストン製のSUV向けタイヤ『DUELER H/T 684Ⅱ』を履く。その奥に『ジムニー』が本格四駆と呼ばれるゆえんともいえる、ラダーフレームが見えるだろうか? モノコックボディが主流の中にあって、タフな伝統をしっかり継承しているのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ