小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

西武、東武、メトロ、東急、横浜高速鉄道の車両が集結した「東京メトロどきどき体験隊inわこう2018」

2018.06.29

■隣の車両整備ピットでは、車掌体験と車両床下見学

 運転台見学車両の隣は車両整備ピットで、ここでは2つの定員制イベントブースが用意された。

○車掌体験

車両整備ピットにたたずむ10000系。

 10000系の乗務員室を使い、来場者が乗降用ドアの操作、車内放送を体験する。

乗降用ドアの操作に挑む男児。

 車掌が乗降用ドアを開閉する際は、車掌スイッチと呼ばれる機械で行なう。開けるときはレバーをひねりながら押し、閉めるときはボタンを押す。

 車内放送は「駆け込み乗車防止放送」など、“台本”が用意され、来場者は車掌気分を味わった。

○車両床下見学

7000系は有楽町線の初代車両。

 7000系の床下に搭載された機器について、係員の説明つきで見学する。安全最優先のため来場者はヘルメットをかぶり、“未知の世界”をのぞく。

 先頭車は前面の非常用貫通扉が開くと、非常階段が現れる仕掛けとなっている。この構造は6000系、7000系、8000系にも採り入れられ、ひとつの時代を築いた。

7000系の床下は精密機器がびっしり。

実際に見学した親子。

 2号車の床下は、様々な機器を搭載。気をつけないと、頭をぶつけそうになるほど、詰め込んでいる。なお、機器の詳細については省略させていただく。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。