人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

西武、東武、メトロ、東急、横浜高速鉄道の車両が集結した「東京メトロどきどき体験隊inわこう2018」

2018.06.29

 東京メトロは、2018年6月3日に和光車両基地(埼玉県和光市)で、イベント「東京メトロどきどき体験隊 in わこう 2018」が開催された(このイベントは2年ぶり2回目)。当日は事前応募で当選した3000人のほか、近隣にお住まいの方や関係者を含め、総数4906人が参加した。

■5つの車両が集結

5つの車両が和光車両基地に集う。

 車両基地イベントの目玉は、車両撮影会。左から西武鉄道40000系、東武鉄道9050系、東京メトロ10000系、東京急行電鉄5050系4000番代『Shibuya Hikarie号』、横浜高速鉄道Y500系が集結した。各車両の簡単なプロフィールを御紹介しよう。

○西武鉄道40000系
 座席指定列車〈S-TRAIN〉用の車両で、平日は所沢―豊洲間の通勤ライナー、土休は西武秩父―元町・中華街間などの行楽列車として運転されている。また、2018年3月10日から〈拝島ライナー〉(西武新宿―拝島間、下りのみ運転)の運転を開始した。

○東武鉄道9050系
 営団地下鉄有楽町線新線(現・東京メトロ副都心線)の開業に伴う、輸送力増強用として登場。増備は1度もなく、わずか2編成20両の“レア車両”である。のちに副都心線開業に伴い、9000系共々、リニューアルを受けた。

○東京メトロ10000系
 東京メトロ発足後、初の新型車両。有楽町線及び副都心線の主力車両として活躍する。副都心線開業時は一部の編成を8両に減車されていたが、現在は全編成10両で運転されている。

 近年はデジタル方向幕を3色LEDからフルカラーLEDに、ヘッドライトを高輝度放電灯からLEDに、それぞれ更新が進められている。

○東京急行電鉄5050系4000番代『Shibuya Hikarie号』
 東横線用5050系の特別仕様車で、エクステリアは金をベースにしたほか、ヘッドライトは当初からLEDを採用した。インテリアは3パターンあり、楽しさがあふれている。また、車体幅を若干狭くすることで、田園都市線でのイベント運転も可能にしている。

○横浜高速鉄道Y500系
 東京急行電鉄2代目5000系をベースとした車両で、エクステリア、インテリアとも“みなと横浜”をイメージさせる。副都心線等の相互直通運転開始後も8両編成のままなので、東横特急の運行がなくなったほか、副都心線内は急行、通勤急行の運行もない。

■運転台見学

見えにくいが、左の7000系は「各停新木場」、右の10000系は「各停銀座一丁目」を表示。

 車両撮影会の反対側は子供制服撮影会で、7000系と10000系を背景に、お立ち台を設けた。右側の10000系は休憩用車両と、運転台見学を兼ねている。前者はどなたでも入れるのに対し、後者は事前応募性の定員制イベントブースである。

10000系の運転台。

10000系の運転台を熱心に見学する親子。

 後者は10号車の乗務員室で実施。参加者が運転台に坐り、運転士から説明を受ける。10000系は副都心線全線と有楽町線和光市―小竹向原間でワンマン運転を行なうため、乗降用ドアの開閉は、運転台に設置されたボタンで操作する。また、停車中は頭上の3画面モニターで安全確認をする。両線ともATO(Automatic Train Operation:自動列車運転装置)が導入されており、運転士が白いボタンを2つ同時に押すと発車する。

 運転士から説明を受けた親子は、感心しきっており、鉄道の奥深さを実感したようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。