小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入社5年目社員の本音「数字だけ見ていてはいけない」マクロミル浜田裕太さん

2018.05.08

■数字だけを見てはいけない

 数字はモノを言いますが、数字を作る前段階の経験や知識や情報が、より大切だということも、徐々にわかってきました。例えば野菜ジュースの購買減少の理由を分析する案件の時のことです。野菜ジュースを売上げが減少し、どこか別のカテゴリーが伸びていたら、伸びた方に消費者が移ったに決まっていると。そのカテゴリーがわかれば、減少を食い止める施策も打てるに違いない。そこでヨーグルト、牛乳、コーヒー等々、手当たり次第にデータを調べ、直近で伸びているカテゴリーをあぶり出していったんです。

 集計データを見ると、どうやらコーヒー牛乳が伸びている。野菜ジュースの購入者はコーヒー牛乳に流れていると、仮説を立てることができる。

「浜田さん、それって本気?」

 この仮説を言葉にすると、お客様に不思議そうな顔をされました。冷静に考えれば野菜ジュースを買う人は、コーヒー牛乳を買うわけがない。野菜ジュースとコーヒー牛乳を比べても意味がないんです。

 野菜ジュースは健康志向の高い人が買うモノで、例えばヨーグルトや豆乳、トマトジュース、野菜ジュースでも果物が入っていない野菜だけのモノとか。健康系のカテゴリーを細かく見てデータを集計し、分析をしなければ売上げが減少した原因も、それに対する施策も立てられません。

 その方向で集計データを設計し、クライアントが望むような報告書を提出したのですが。そもそも野菜ジュースとは何かという、根本的な知識が欠如していたんです。もう一つ、データの集計だけに目が行くと、野菜ジュースとコーヒー牛乳を、一緒のカテゴリーにしてしまうような、常識ではありえない判断をしてしまう恐れがあると。我が身に言い聞かせましたね。

「野菜ジュースを買っている人が、どういうカテゴリーをよく買うのか。広い視野でデータを見れば、細かい分析がもっとクライアントの施策に、繋がるものになったかもしれないね」と、言葉をかけてもらったのは、トレーナー役とは別の先輩でした。

 今は社内でエクセルやパワーポイントの講師を務め、チームリーダーとして後輩に教える立場にいます。後輩には自分で気づいてもらいたいのですが、僕の時のトレーナー役の先輩のように「マニュアルを読んでもわからないなら、自分で考えろよ」みたいな言い方はしたくない。

「なんでこのデータが必要だと思う?」「特徴を見ることができるデータはどうしたら作れると思う?」「この商品の特徴がわかるとそこから何がわかって、どんな仮説が立てられる?」「その仮説は何に役立たせることができる?」「それらを元に、この商品の売り上げを伸ばすためには、どんな施策を打てばいい?」そんな感じで、後輩に答えを引き出す質問を考えます。

 うちの会社は転職する人も多いのですが、調査業界から移る場合、メーカーのマーケティングの部署に転職というケースが目立ちます。すると、転職した先の会社から案件の依頼を受注できて、うちとしても嬉しい。

 僕も転職を考えないこともないですよ。実は教師になる目標は今も抱いています。将来的に教師になった暁には、生徒に的確なアンケートをして、それを集計しデータを集め、生徒たちに今何が足りないのか、確実に把握をしますね。

取材・文/根岸康雄
http://根岸康雄.yokohama


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。