人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Apple Pencilに対応した廉価版iPadを1週間使ってわかった○と×

2018.04.15

 感覚的な問題だが、こうした見え方の違いがある点には注意しておいた方がいいだろう。逆にいえば、細かな仕様の違いを積み重ねることで、コストダウンしているのが新しい『iPad』といえる。背面のアンテナの処理の仕方や、カメラ、スピーカーなども、最新の『iPad Pro』と比べると見劣りする。

カメラは画素数が低い反面、本体からせり出していないというメリットも

スピーカーは底面にあり、ステレオ対応だ

 これらの機能にこだわりたい人は、『iPad Pro』を選んだ方がいい。ただし、そのぶん、コストは2倍弱に跳ね上がってしまう。悩ましいところだが、『iPad Pro』までのスペックは要らないという人には、いい選択肢といえる。Apple Pencilを試してみたい人にも、オススメできる。

 ただし、『iPad』そのものの価格に対し、Apple Pencilが少々高すぎる。もとが高い『iPad Pro』とセットで買うとき以上に、負担が重い印象だ。アップルの発表会では、米Logitech社の「Logitech Crayon」というペンが紹介されていたが、こちらはBluetoothでペアリングができず、筆圧を検知できない代わりに、価格は49ドルに抑えられている。こうした製品を、純正でも出してほしかったというのが本音である。

Logitechの「Logitech Crayon」は価格が49ドルと安い(写真上)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。