小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入社5年目社員の本音「アルミの板をくの字型に曲げるまでに3か月かかりました」日本スピン・久保田佑輔さん

2018.03.20

■アルミの板をくの字型に曲げるまでに3ヶ月

 辞めようか、電気の配線の技術があるし、食うのに困ることはない……、そんな思いも頭をよぎりました。でも、自分にはできないへら絞りを楽々とこなす人たちがいる、俺にできないことはないだろうと。電気の配線と比べたらはるかに精度が問われるし、何より奥が深い仕事です。「すみません、もう一回見せてください」まず見て覚えて。僕の後ろで上司が一緒にへら棒を持ってくれ、へら棒の使い方のコツを教えてくれたりして。

 覚えたことはノートに書き込みました。初めて使う工具も、例えば0.01ミリ単位のものを測るマイクロメーターなら、ノートに絵を描いて。「細かい目盛り一つが100分の1」とか、その絵に書き加える。1ミリ以下のものを測るノギスも「セットする時、オスをメスに当てながら六角を閉める」とか、絵に文字を書き加えて。

 アルミの板をくの字型に曲げる仕事ができるようになるまで、3ヶ月ぐらいかかりました。徐々にやらせてもらえる仕事が増えましたが、難しかったのはドーナッツを半分に切ったような品物。一枚板を丸くR状に成形するへら絞りです。金属の板を外側に丸く絞り、真ん中に穴を開けて内側を絞る。

 この品物は高電圧が流れるところに、カバーとして用いられるんです。カバーで覆うことで高電流が散らばらず、より集中して流すことができる。丸みが弱くて角があったりすると、そこに電気が集中して最悪の場合、爆発する危険があります。だからなめらかな丸みが大事で、この絞りを体得するだけでも、1年では難しい。

 5年を経ても、まだやらせてもらえない仕事はたくさんあって、例えばH−ⅡAロケットの先端部のへら絞りも、僕の腕ではまだ無理です。

 H−ⅡAロケットの先端部のへら絞りがいかに大変か。へら絞りの技術の難しさを前に失敗の苦渋を舐め、心が折れかかり会社を無断欠勤。仕事を辞めようかと思ったエピソードは後半で。

取材・文/根岸康雄


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。