人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.11

お得なのはどっち?人気のカーシェアサービス「dカーシェア」VS「タイムズ カー プラス」

春の行楽シーズンを前に、カーシェアリングの利用を検討している方も多いのではないだろうか。

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団の調査によると、2017年のカーシェアリング登録者数は108万5,922人。カーシェアの利用者は増加傾向にある。

カーシェアリングの魅力は、車を購入し保有するよりも維持費を抑えながら、手軽に車を利用できる点だ。近場への買い物や短い時間のドライブなど、便利さを感じるシーンは多い。カーシェアは、専用のアプリ・WEB上から、思い立った時に24時間車を予約・利用することができる。ガソリン代はかからず、保険に加入する必要もない。

2017年11月、通信会社大手のドコモがカーシェア事業に参入した。入会金・月額を無料としたことで、これまでのカーシェアの常識を覆し話題となった。本記事では、dカーシェアとカーシェア大手タイムズカープラスの特徴を紹介し、利用時のコストやサービスなどを比較した。

1.dカーシェアの特徴

dカーシェアは、「カーシェア」「マイカーシェア」「レンタカー」の3つのサービスから成っている。

カーシェアは、大手「オリックスカーシェア」と提携。オリックスカーシェアのステーションの車を利用することができる。ただし、プランはオリックスカーシェアとは異なり、dカーシェア独自のプランを提供している。

マイカーシェアは、個人が車を貸すことができるシステム。使用していない車をオーナーとして、第三者に貸し出すことができる。利用者側は、オリックスカーシェアの車に加え、個人オーナー所有の車も利用することが可能だ。

さらに、長時間の利用を前提としたレンタカーサービスも用意されている。dカーシェアを利用するために、docomoの携帯端末と契約する必要はない。

2.タイムズカープラスの特徴(メリットなど)

タイムズカープラスは、全国で駐車場の運営を行うタイムズ24株式会社が提供するカーシェアリング。日本のカーシェアにおける先駆け的存在だ。

タイムズカープラスの最大の魅力は、圧倒的なステーション数。全国に駐車場を展開する同社の利を活かし、利便性の高い場所にステーションが設置されている。

登録を行っておけばWEB・アプリから3分前まで予約が可能。好きな車種を選ぶこともできる。法人向けのプランも用意されており、コストを抑えたい企業からも注目を集めている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ