小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オール手配線!サンバレーの真空管アンプキット『SV-S1616D/300B仕様』球転がし編

2018.04.03

■Impression 300B

それでは肝心の出力管を交換すると音はどう変化するのだろう。整流管は『WE274B』に固定して聴いてみよう。『PSVANE 300B』は特性が揃ったペア管でU2万円と画期的に安い。安かろう悪かろうではく、作りはしっかりしている。評判もいいようだ。クッキリした音で細かい音も再現される。音色的にはドライで明るい音だ。『NATIONAL Electronica NL-50』は300Bの互換の三極管で35年ぐらい前に作られたらしい。こちらの音は鮮明でボーカルのディテールが良く分かる。私のお気に入りの音である。それではオリジナルの『WE300B』はどうだろう。音量は下がるが音楽全体に勢いがある。期待してほど凄い音にはならなかった。もともと設計が274B対応でないから仕方がないか。


左から『NATIONAL Electronica NL-50』、『WestenElectronic 300B』、『PSVANE 300B』となる。


JENSENのオイルコンデンサー。耐圧630V、0.22μFをカップリングコンデンサーに使った。

■Impression Capacitor

最後にカップリングコンデンサーの交換だが、エージングに50〜100時間かかる言われているため、こちらの音はまだ確定ではない。交換してすぐ聴いた感じでは、低域の押し出しが良くなり、音色はホットな方向に、高域はなめらかになった。100時間後にまた元のコンデンサーと交換しないと、どんな音だか思い出せないが、そのためにハンダ付けし直すのもおっくうである。付け替えてすぐに低域が違うと思ったので、カップリングコンデンサー交換の効果は大きいことは実感できた。出力管をペアで購入することを考えるとこちらの方がお手軽で効果的かもしれない。


カップリングコンデンサーの存在感が半端なく大きくなった。


横から見ると厚みもすごくある。これはいかにも効果がありそうだ。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。