小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入社5年目社員の本音「結局は人だ!」明治・西村光平さん

2018.02.16

■結局は人だ

長野では上司は高崎市内に駐在していましたから、長野での仕事はほぼ一任されていました。営業の範囲は長野全域ですから、車で月に3000kmぐらい走りました。スキー場が多いのも長野ならではで、「山上げ」という営業があったんです。スキー場に商品を運ぶ定期便はないので、商品一つ一つに自分で値段のラベルを貼って車に積み込み、雪道を走ってスキー場に届ける。

「そんなことをしても、費用対効果に合わないでしょう」営業会議ではそう指摘されました。でも歴代の先輩たちが築いた人間関係ですから、僕も真摯に取り組みたかった。今は会社の指示で終了しましたけど、経験できてよかったですね。

「山上げ」をやってみると、スーパーや量販店とは違うものが見えてきました。スキー場の陳列棚は量販店よりはるかに品揃えが少ない。棚に置く商品をよく吟味しないといけない。量販店と違い、お客さんはパッと見て素早く商品を手に取る。小腹を満たしたいんです。チョコレートを買いますが、板チョコは体温で溶けたり転んで、ボロボロになったりするからあまり好まれない。『CUBIE』という一口サイズのチョコがよく売れた。携帯に便利な果汁グミも好まれました。

マーケティング部に異動になってまだ1ヶ月ほどですが、スーパーや量販店だけでなく、特殊な環境での売れ筋を観察できたことで、細かい視点で商品を見ることを覚えた。商品の販売とサービスの促進という今の部署の仕事に、その見方は必ず役立つと思っています。

あるスキー場の社長には、「菓子より、カレーライスの方が利益率は高いよ」とか言われましたけど。「最近、売り上げはどうですか」雪道を運転して幾つかのスキー場を訪ね、挨拶をすると責任者は嬉しそうな顔をしてくれて。異動が決まった時は餞別に、ビールを1ダースくれたスキー場の社長もいました。

結局は人だ、営業で何より大事なことは人を裏切らないことだ――3年以上、長野での営業を経験し、そんな思いをはっきりと持つようになりました。

これからの時代、AI(人工知能)が発展し、今ある仕事の半分以上はAIに取って代わられると言われています。でも人間関係が要となる営業職は、機械に取って代わられることはまずあり得ないでしょう。営業の仕事を通して人間関係を築き、信頼を勝ち得る術を学んだことは、僕にとって大きかったですね。

取材・文/根岸康雄


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。