小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

『ヨコハマ ホットロッドカスタムショー』から読み解く2018年のバイクトレンド

2018.01.25


70年代、ハーレーがAMF傘下にあった頃に発売された小排気量モデル、いわゆる「アエルマッキ・ハーレー」をベースに、チョッパーとVMX、トラッカーを絶妙にミックスさせた1台。本来、カスタムとはオーナーやビルダーが自由な発想のもとに作られるもの。こうしたジャンルレスなマシンもおおいに興味をそそられる。


山形県のロケットハウスはチョッパーとVMXを展示。相反するように見える2台だが、「吊るしを良しとせず、自分好みに仕様を変える」という意味では同じ。こうした2台が並ぶのは、決して不思議ではないのだ。


ピックアップトラックとともに展示されるのは、VMX仕様のXS650。70年代は国産トレールモデルやモトクロッサーが多数アメリカに輸出されていたので、実際にこうした風景はよく見られたのだろう。


毎年、石川県千里浜なぎさドライブウェイで開催されている「Chirihama Sand Flats」に参加したオールドトライアンフも展示されていた。このイベントは砂浜を走るドラッグレースで、基本的にマシンはビンテージのみ。古いハーレーやチョッパーに乗るライダーも多数参加し、これが近年のダート系カスタム人気の一因になっていると考えられる。


M&M’sモーターサイクルはベンダーブースにも出展。オリジナルウェアに加え、当時モノのジャケットやTシャツ、ワッペンなどが並べられていた。また、手前のマシンに注目! エンジンはヤマハ・XS650だが、フレームはアメリカのダートトラックシャシーメーカーである「トラックマスター」。そう、正真正銘の本物ダートトラックレーサーだ。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。