小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入社5年目社員の本音「先頭に立って行かなければ、と戸惑い泣きました」はとバス・岩崎里紗さん

2018.01.24

●『注意!』と書かれた一枚の紙

 一緒に手配の仕事をしていた3歳ほど年上の先輩の女性を私は尊敬しています。入社してしばらくは先輩が率先し仕事をこなし、私はそれについていくという感じだったんです。例えば、バスは1台44人乗りですがある時、私の担当したコースで40人分しか食事場所の手配ができなかった。ですから、コース参加の定員数を40名としておかなければいけなかったのに、応募人数が44名になっていて。それも先輩が気付いて、

「満席になったらどうするの? 4名のお客様に食事が行き届かないじゃない」と、指摘され「すみません、気をつけます」といった具合でした。 

 ところが入社から1年半ほど経たある日、『注意!』と書かれた一枚の紙を先輩から手渡されたんです。そこには、

『これからあなたは、今まで以上に考える人にならなければいけないのだから、そこを意識して仕事に励んでください』という内容が書かれていた。先輩が異動になったんです。

 どうしよう……先輩が異動になった寂しさと、これから私が先頭になって考え、仕事を進めていかなければならない戸惑いとで、思わず泣きました。

 代わりに別の部署から定期観光部に異動してきた先輩は、バスを割り振る調整とか、食事場所の手配とかの仕事経験がない。今度は私が先輩に対して仕事を教える立場で、いったい何をどう教えていいのか。しかも先輩の異動の時期が秋の繁忙期と重なって、ほとんど一人でバスの仕入れや、お客様の食事場所の手配をしなければならない。振り返るとあの時期が一番悩みました。

 仕事はシフト制で土日に関係なく、出社する。繁忙期のこの時期、岩崎さんの残業時間に友達は驚いたという。だが、間違いが許されないポジションでの悪戦苦闘が、岩崎里紗さんの成長を促していくのだ。

取材・文/根岸康雄

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。