小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ナッツがビジネスパーソンのおやつに最適な理由

2018.01.19

■食べ続けると痩せる? ナッツの健康効果は?

ナッツがビジネスパーソンの間食に最適な理由とは?

 ナッツといっても、アーモンド、マカダミアナッツ、カシューナッツ、くるみ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオなど身近にはいろいろな種類があり、それぞれに特化した特徴がある。

●アーモンド

ビタミンEが豊富で、抗酸化作用があるため、肌荒れ予防や髪・爪の健康を維持する効果がある上に、豊富に含まれる不飽和脂肪酸が、コレステロール値を低下させてくれる。食べながら老化や生活習慣病予防ができるといわれている。

●マカダミアナッツ

「パルミトレイン酸」と呼ばれる、肌のバリア機能を高め、糖尿病予防にいいといわれる成分が豊富。肝臓の脂質代謝を促進する働きもあるという。

●カシューナッツ

もっとも脂肪分が少ないナッツで、植物性たんぱく質が丈夫な筋肉を作り出す。「アスパラギン酸」が豊富なため、毒素を排出してくれるといわれていれる。また、ビタミンB1の多さから、疲労回復効果も期待できる。

●くるみ

オメガ3脂肪酸が多いため、血液がサラサラになり、動脈硬化のリスクが軽減されるといわれる。

●ヘーゼルナッツ

含まれるビタミンB1やカルシウムが、イライラを解消してくれる効果があるといわれる。

●ピスタチオ

むくみ解消効果のあるカリウムが豊富だといわれる。

 このように、ナッツそのものは、肥満を予防し、血糖値を下げて食欲を抑える効果のあるアーモンドなど、食べることでダイエット効果が表われることがあるようだ。『ナッツダイエット: おやつOK! お酒OK! なのにヤセる!』(主婦と生活社 2014)によれば、両手に乗るくらいの、一日50gは食べてダイエットに有効だという。

■ナッツの間食、どう取り入れる?

 最近は、はちみつに漬けて食べるナッツが流行しており、美意識の高い女性に愛用されている。ビジネスパーソン向けの携帯食としては少々対象から外れるが、はちみつとの相性が良いことは覚えておきたい。

 カロリーや糖質を抑えるためには、塩だけの素揚げナッツが理想。もう少し味を楽しみたい場合は、アサヒフードアンドヘルスケアの「キレイな間食」のように、アーモンド入りのフルーツ、クリームチーズ、ビターチョコレートなどと合わせた商品も飽き防止には良さそうだ。

 大豆粉が食べ応えのある「SOYJOY」からは、ビジネスパーソンに好まれるチョコレートとローストアーモンドを合わせた「アーモンド&チョコレート」味が出ている。腹持ちがよさそうだ。ナッツは、ビジネスパーソンの間食にとって、健康面・ダイエット面からもしっくりくる食品。ぜひ仕事中の間食に取り入れてみたい。

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。