人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【Raspberry Pi 3入門】予算1万円でハイレゾライフを超充実させる「ラズベリーパイ」とは

2018.01.09

Volumio2を起動してみよう!

ラズパイ3を起動して音楽サーバとして使うにはOSとアプリをインストールする必要がある。宮原さんのオススメはVolumio2である。Volumio2はOS+アプリのディストリビューションなので、これだけをインストールすれば、面倒な設定が不要ですぐに使えるのだ。特に無線LANがカンタンに使えるのがいいとのこと。カバーアートの表示に関してはRuneAudioの方が優れているそうだ。インストールの手順は下記になる。

1.Volumio2をダウンロード
W2.Windowsの人はWin32DiskImagerを使ってファイルをmicroSDカードに書き込む
M2.Macの人はEtcherを使ってファイルをmicroSDカードに書き込む
3.microSDカードを挿入してラズパイ3の電源を入れる
4.スマホの無線LANでVolumio2に接続
5.パスワードを入れるとブラウザが起動して操作できる

ここで少し面倒なのがダウンロードしたVolumio2のimgファイルをPCでカードにコピーすると、それダメ〜になってしまうことだ。WindowsもMacもそれぞれ、専用アプリを使って書き込む必要がある。これさえ出来れば、あとは問題ない。私はMacの人なので、Etcherを使う。宮原さんに、この部分を実演していただいた。


いきなりコマンドを打ち込んで、いや意外にカンタンですよと笑顔を浮かべる宮原さん。


もっとカンタンな方法をとお願いしたところ、Etcher登場。まずサイトでアプリをダウンロード。


ダウンロードしたアプリをアプリケーションフォルダにコピーして起動する。


予めダウンロード済みのVolumio2のファイルを書き込みたいファイルに指定する。


保存側にmicroSDカードを指定したら、書き込み開始。


スマホのWi-Fiを起動するとVolumioが見えるのでパワスワードを入力して接続する。


自動的にログインされて、ブラウザが起動してWeb UIを使って操作可能になる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。