小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

肉眼を超えたスーパーマクロレンズで4倍撮影が楽しめる中一光学の『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』

2018.01.06

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
DIMEと呼ばれる1セント硬貨のONEの部分を4倍で撮影。

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
10円硬貨の平等院鳳凰堂の左側。緻密な彫りが見られる。

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
そのまま右に移動すると屋根の上に鳳凰がいることが分かった。

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
OLYMPUSの30mmで撮影した腕時計の文字盤。1220mの部分にセンサーの汚れ発見。

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
20mmなら、ここまで拡大できる。文字のエッジが甘く見えるのはインクが盛られているからだ。

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
OLYMPUSの30mmに中間リングを2個入れて撮影。サイドからLED照明を入れた。

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
それでも20mmレンズ単体の方が大きく撮れた。平面がとれずに上の方のピントが甘くなった。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。