小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

肉眼を超えたスーパーマクロレンズで4倍撮影が楽しめる中一光学の『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』

2018.01.06

■Impression

マクロレンズなのでマニュアルフォーカスは問題ないというか、むしろ使いやすいのだが、開放測光機能がないため、絞り込むとピントの山が分かりにくくなる。これは一眼レフではもっとファインダーが暗くなるため、絞り開放でピントを合わせてから、絞り込む必要がある。フォーサーズ用はミラーレスなのでEVFが使え暗くなる心配はなく拡大表示を見ながらピントが合わせられる。F16まで絞りがあるが、回折効果による画質劣化を考えると、F5.6かF8ぐらいで撮影した方がいいかもしれない。ワーキングディスタンス20mmとかなり近いので屋外では使い難い。倍率4倍と4.5倍があるのは、この拡大率の違いピント合わせに利用するためのものと考えられる。

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
倍率4倍の時のワーキングディスタンス。かなり近いのでレンズやカメラが影を作ることがある。

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
倍率4.5倍の時のワーキングディスタンス。ほとんど4倍とかわらない。

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
『ZUIKO Auto-Macro 20mm F2』に他社製のオート対応中間リングを2枚重ねて勝負!

肉眼を超えたスーパーマクロレンズでお手軽4倍撮影を楽しむ。中一光学『FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1』
サードパーティの中間リングを入れると倍率は稼げるが、ワーキングディスタンスは10mmになる。さらに超近距離でしかピントが合わなくなる。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。