人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世紀のヒット商品『写ルンです』の〝ルン〟の意味、知ってる?

2018.01.03

化粧品『アスタリフト』のヒットなどで絶好調の富士フイルム。だが、その源を築いた、この商品、お忘れではありませんか――?

■フィルムからデジタルへ急変した写真の世界、『写ルンです』はどう変化したか?

5-44-007
86年に発売された『写ルンです』初号機。まだフラッシュは付いておらず、シルエットは角張っている。ちなみに「使い捨てカメラ」ではなく、「レンズ付きフィルム」が正式なジャンル名。なぜなら部品は捨てられず、リサイクルされるから。

5-44-003

5-44-002

5-44-004
上から高感度ISO1600フィルム・高速シャッターを搭載した『写ルンです1600 Hi・Speed』、防水タイプの『水に強い写ルンです New Waterproof』、スタンダード。

◎イメージング事業以外でのNo.1を! これからの成長戦略

 フィルムをカリカリッ……と巻き、プラスチック製のボタンを押すと、バネ式のシャッターが〝パシャン!〟と小気味よく開く――。『写ルンです』を見ると、友人の笑顔や、観光地の景色を思い出す方も多いのではないか。

『写ルンです』の発売は86年、今年で30周年を迎える。開発会議の時、担当者が上司に「本当に写るのか?」と聞かれ、とっさに返した言葉が商品名になった。今や死語の感もある〝ルンルン気分〟という流行語から「ルン」だけ片仮名にした、などの秘話を持つ。

 技術的な深みもあった。話すのは、長くフィルムを研究し、現在、医薬品、化粧品事業を率いる石川隆利常務取締役だ。

「70年代にフィルムを大きめのプラスチックカートリッジに収納した『110(ワンテン)フィルム』という規格が普及し始めました。これを受け弊社は『カートリッジにレンズを付ければ写真が撮れるのでは?』と考えましたが、この時は商品化できませんでした。フィルムの性能が追いつかず、画像は暗めで引き伸ばすと粗かったのです。しかしその後、フィルムの研究が進み『今なら実現可能だ!』と発売したのが『写ルンです』でした」

 実は当時の先端技術の賜物だったのだ。フィルムには、光に反応する素材などが、約20マイクロメートルという薄さの中に20層、均一に塗布されている。同社は、素材を化学合成し、一部はナノ単位の粒に整え、コラーゲンに混ぜ込んで塗布する……といった技術を長く磨き続けてきた。だからこそ『写ルンです』を完成させることができたのだ。

 90年代、『写ルンです』は写真のあり方を変えた。それまでは記念日に撮るものだったが、同商品の普及により撮影は日常の出来事に変わった。当然、売り上げは絶好調。『写ルンです』は同社に大きな利益をもたらし続ける定番商品になった。

 ところが、同商品は間もなく時代の変化に巻き込まれていく。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。