人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホンダ『NSX』VS レクサス『LC500h』ニッポンが誇るスーパースポーツ対決

2018.01.01

【OTHER CHOICE】
自動車業界が電動化にシフトする一方でスポーツカーを開発する理由

 今回、紹介した2台は6気筒以上の多気筒+大排気量、高出力のモーターを搭載した国産のスポーツモデルだが、ほかにも5.0Lエンジンを搭載したFRスポーツのレクサス『RC-F』やV6、3.8Lツインターボエンジンを搭載した日産『GT-R』がある。『GT-R』のNISMO仕様はサーキット走行も楽しめる本格的なスポーツモデルだ。同じ日産の『フェアレディZ』もデビューから9年も経っているので注目度は低いが、日本を代表する大排気量スポーツカーであり、こちらはV6、3.7Lエンジンを搭載している。

 いずれもエコや省エネとは程遠いところに位置するクルマだが、一部のドイツ、そして日本のメーカーは開発に力を入れ、スーパースポーツを製造し続けている。その最大の理由は、エンジン技術の改良と進化の追求にある。

 世の中の流れは電動化へとシフトしつつあるが、必ずしもそれだけではないと考えるメーカーがあることを忘れてはならない。

日産『GT-R』

◎日産『GT-R』996万840円〜

レクサス『RC F』

◎レクサス『RC F』967万円〜

文/石川真禧照

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。