人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.31

一眼レフ、ミラーレスを買ったら脱オート・マニュアル撮影のススメ

「一眼カメラを買ってみたものの実は思ったよりキレイに撮れていない」、あるいは「これならスマホで撮った写真の方が……」なんて人もいるかもしれない。

最近のカメラは優秀なので、オートでも大抵の場合でキレイな写真が撮れます。でも、それはカメラにとって条件が良い環境で撮影した場合の話。暗い室内、明るすぎるギラギラの太陽光などといった悪条件が加わってくると、カメラだけでは対応できなくなります。

こうした場合には人間が手を加えてやる必要があるのですが、どこをどうすればどうなるのか、分からない人が多いのではないでしょうか? オートで撮影していると、ここらへんの知識はなかなか身につきません。

そこでマニュアル撮影です。マニュアルなら、写真の基礎のひとつ『露出の三角形』に対する理解が深まるはずです。この基礎をおさえれば、あなたの写真レベルはワンランクアップするでしょう。そして、カメラがもっと楽しくなるはずです。

■撮影モードを『マニュアル(M)』に設定

一眼レフ、ミラーレスなどのレンズ交換式デジカメなら、基本的に上の写真のようなダイアルが付いていると思います。ここで撮影モードを設定します。カメラによって項目や名称は変化しますが、おさえておくべき以下の4項目は大概あるはずです。

P:プログラムオートモード
A(またはAv):絞り優先モード
S(またはTv):シャッタースピード優先モード
M:マニュアルモード

各項目の違いは、この段階では置いておきましょう。とりあえず、このダイアルで『M』を選択します。そうすると、露出(明るさ)を自分で調整するマニュアルモードになります。カメラは、被写体に反射した光(または影)を記録する機械です。明るさとは、写真におけるど真ん中の要素のひとつなのです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。