人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.30

「整理しないで片づける」Google社員に学ぶデジタル整理術

PCのデスクトップはファイルでいっぱい、スマホでは写真を撮りっぱなしという人は、空きメモリーに余裕があるうちにデータ整理に取りかかるべし。最新技術を活用すれば、驚くほどラクに片づけられる。

■これからは整理しないで片づける「AI整理」の時代が来る!

〔写真整理〕
次世代iOSも対応。画像解析の進化で写真は撮るだけで自動整理される

◎撮りっぱなしでもOK。見たい写真だけ表示可能

 データ整理の基本は、仕分けること。しかし今後、特に写真に関しては、自分で仕分ける必要がなくなりそうだ。

 グーグルが「Googleフォト」で導入している写真解析技術では、写っている人の顔を自動的に認識。アドレス帳にその人の顔写真が登録されていれば、名前でも検索できるほか、写っているモノやシーンでも検索ができる。今秋公開予定の次世代iOSにも、同様の機能が搭載される予定で、撮りためた写真から日時、場所、人、写っているモノ、シーンなどで検索ができるようになる。検索の精度は機械学習によって、使えば使うほど向上する仕組み。つまり、今後写真は撮りっぱなしでOKになるというわけだ。

●次世代iOS 10の写真アプリは自動で仕分けてアルバムに

次世代iOS 10の写真アプリ
従来の撮影日時や場所に加えて、写っている人物の顔や写っているモノ、シーンなどを認識し、マップ上に表示したり、自動的にアルバムを作成できる機能が追加される。

●先行する「Googleフォト」では日々検索精度がアップ!

Googleフォト
写真の自動解析技術で先行する「Googleフォト」では、機械学習によって解析精度が日々向上している。今すぐ使えるのでぜひ試してみよう。

〔音声検索〕
音声検索がPCでも標準に。検索性能&アシスタント機能の進化で整理不要になる

◎AI音声検索の進化でもうデータ整理は不要

 写真同様、検索技術が向上すればデータ整理は不要に。その意味で今注目されているのが、Windows 10に搭載された「Cortana」や、いよいよMacにも搭載されることになった「Siri」のような、AI機能を持つ音声認識アシスタントだ。探したいデータの作成日時や種類、内容を声で指示するだけ。AIがさらに進化すれば、欲しいデータがより確実に取り出せるようになる。自ら手間をかけなくても、AIが勝手に整理してくれている。そんな時代はもう目の前だ。

●Macも「Siri」を搭載声で検索が可能に

Siri
音声検索では「今週見たファイルを出して」などと声で指示するだけ。該当のデータがより簡単に取り出せる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。