人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.29

【Raspberry Pi 3入門】拡張ボードで目指せ高音質!BNC出力対応『Digi+Pro』を試す

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab 【Raspberry Pi 3入門】拡張ボードで目指せ高音質!BNC出力対応『Digi+Pro』を試す

【Raspberry Pi 3入門】U1万円でハイレゾライフを超充実させる噂のラズベリーパイに迫る
【Raspberry Pi 3入門】ラズパイの見た目を100%オーディオ機器にするアルミケースを発見!
【Raspberry Pi 3入門〜DACボード編】ラズパイ3+DACボードでミニマム音楽生
【Raspberry Pi 3入門〜システム編】ラズパイに似合うミニマムシステムを探せ!
【Raspberry Pi 3入門〜バイアンプ編】効果絶大!ラズパイの性能を引き出すパワーアンプ2台使い
【Raspberry Pi 3入門〜S/PDIF出力編】ラズパイで使えるDACが増える!I2S接続を使った同軸デジタル出力

■HiFiBerryのS/PDIF出力ボードが到着!

私がラズパイ3に求めてる完成形は、NASに接続してS/PDIF出力で外付けDACと接続すること。これが実現すれば、PCレスでハイレゾデータが扱える。実現してみると、PCのHDDからUSB接続した音に負けているではないか。いったい何のためにS/PDIF出力にした意味がない。接続しているのがリファレンスDACなので内蔵のUSB変換回路が、ラズパイ3のS/PDIF出力よりも高性能である可能性が高い。

これでは悔しいので、HiFiBerry『Digi+ Pro』を注文。バランス出力対応DACボードと同梱で届いたのだが、ここで問題発生! Volumio2のI2S接続設定をどう変更しても『Digi+ Pro』が認識されないのだ。互換品は認識されるのに、純正品がダメなのだ。『Digi+ Pro』の仕様にVolumio2のドライバーが追いついていないものと思われる。

■救世主、MoOde Player登場!

いろいろ試したがダメなので、ラズパイオーディオの会の宮原さんにお伺いしたところ「以前無料だったけど、今$10なので気軽にオススメできないがMoOde Playerならイケるかも」というアドバイスをいただいた。つまり、Volumio2がダメなら他のディストリビューションを使えば認識されるかもということだ。これには根拠があって、宮原さんもVolumio2でダメだった拡張ボードがMoOde Playerで認識されたという。速攻で購入してインストールすると、一発で認識されたのだ。このディストリビューションに関しては別記事でお伝えする。

それから『Digi+ Pro』のデジタル出力はトスリンクとRCA同軸だけでなく、BNC端子にも対応。BNC端子はプロの現場で使われるデジタル用端子でAES/EBUと同じくケーブルをひっかけても抜けないロック機能が付いている。拙宅のリファレンスDACはBNC入力対応なので、これを使わないてはない。ということでオプションの金メッキBNC端子も注文しておいた。基板は配線済みなので、端子をハンダ付けするだけでいい。


MoOde Playerを使ったところHiFiBerry『Digi+ Pro』が一発で認識され、詳細情報が表示された。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ