人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【Raspberry Pi 3入門】拡張ボードで目指せ高音質!BNC出力対応『Digi+Pro』を試す

2017.12.29

■やっぱりBNC接続の方が音が良かった〜

ようやく認識された『Digi+ Pro』とBNC接続したリファレンスDACの音は一味違う。まず音が鮮明でエッジが立っている。特に高域に違いが出る。ボーカルに芯があって、音像定位もより明確だ。これをMac mini のUSB接続に変更すると、中低域に厚みがあって、なめらかな音の傾向になる。やはり、鮮度の高い音の方がいい。それでは気になるLATOC『RAL-NWT01』と比較するとどうだろう。まずNWT01はS/N感がいい。中高域が鮮明な音でクッキリしているが、エッジが立つのではなく落ち着いた音だ。どちらもMac miniに接続した時より高音質なのだが、『Digi+ Pro』とは音色の傾向が違う。

原因はやはり『Digi+ Pro』がケースレスで裸なのが原因か。また、『Digi+ Pro』は外部から3.3Vの電源を供給すると音が段違いに良くなるというWebの書き込みもある。海上さんもラズパイ3のUSB電源の位置はよろしくないと言っていた。とりあえず、アルミケースに収めてみようと思い、ラズパイ単体用の背の高いケースをゲットしたが、残念ながらBNC端子の背が高すぎて収まらなかった。RCAだけなら入るのだが、ということでまだまだ悩みは尽きないラズパイ生活である。


オヤイデのBNCケーブルを使うと端子が重量級でラズパイ3を固定できない。


アルミケースに入れる計画はあえなく挫折した。

写真・文/ゴン川野

オーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

※記事内のデータ等については取材時のものです。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。