小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最強ナンパ師に学ぶ大人のナンパの極意

2017.12.20

■おっさんのナンパチャレンジ

 筆者も数えるほどだが、ナンパしたことはある。しかし、そのときは10代だった。しかも仲間5人ほどで。現在は30代も終わりに近づき、子どもだっている。この20年近く、ナンパしようと思ったことすらない。だが、この原稿を書くにあたり、経験しておくべきだと思い、ひとりでチャレンジすることにした。ナンパする前の率直な気持ちを述べさせてもらうと、ただただ怖い。緊張を通り越して恐怖である。凍える都会の雑踏の中、好みの女性を物色する中年。自分が変質者に思えて悲しくなってくる。だが、これは仕事だ。やらずばなるまい。と、自分を鼓舞し、ナンパにチャレンジ。

◯ストリートナンパ

まず、道端で声をかけようと決意。

1時間ほど何もできず。

勇気を振り絞り「あの…」と声をかけたが無視。

しかし、蚊の鳴くような声と表現するにふさわしいボリュームしか絞り出せなかったため、無視されたというより聞こえなかった可能性が高い。

どんな女性だったかよく思い出せないほど、緊張して回りが見えていなかった。

たしか大学生かOLさんか微妙なくらいな感じの女性。

心が折れる。

終了。

◯発表会ナンパ?

正確に言うとナンパではない。

相手は、とある企業の新商品発表会でMCをしていたタレントT。

40歳前後。

Tさんがタイプだと知り合いの編集者と話していたら、その人はTさんと仲が良かったらしく紹介される。

Tさんと2人で会話することになり、「これは考えようによってはナンパになるのでは・・・。デートに誘わねば!」と決意するも、いま一歩踏み込めず、連絡先の交換もしてないのに「今度食事でもしましょう」と、ことさら社交辞令感を全面に押し出し、実現不可能(連絡先を知らないから)な約束をして自ら立ち去る。

終了。

◯店員ナンパ

後に知るが、ナンパの入り口として最適の、初心者ナンパの代表格らしい。

居酒屋などで店員さんに声をかけ、仲良くなるという寸法。

確かに声をかけやすい。

しかも常連であれば、ナンパという意識すら生まれない。

筆者も当時、ナンパという意識はなかった。ただただ行くたびに軽口を叩いていただけだ。

ある日、「このあと同僚と2人で飲みにいくんです」と店員の子が言ったので、「俺らも行くよ」と付いていった。

その店員さん、今は筆者の嫁さんである。

今回ナンパの取材をして初めて知ったが、筆者はナンパで結婚していたのだ。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。