人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入社3年目社員の本音「ミスをしたって死ぬわけじゃない、ビジネスはキレた方が負け」カルビー・伊藤健人さん

2017.12.18

●キレたら負けだぜ

3年目の今は、主に香港を中心にアジアを担当しています。アジアは『さやえんどう』ではなく、『ポテトチップス』と『じゃがビー』がメインです。原料のじゃがいもは香港の現地工場で調達しますが、資材は日本から船便で送ります。調味料、商品のパッケージの資材等々、多い時で40アイテムほどコンテナに混載させて、毎月香港に輸出しています。

僕はカッチリ、キッチリとやりたい方ですから。各サプライヤーに資材を発注して、乙仲業者といって、輸出の実務や混載に関することや通関業務を代行する事務所とコンタクトを取り、輸出に関する書類を揃える。書類のパッキングリストには、アイテムごとに何㎏の段ボール箱が何個と明記します。それぞれの段ボールの個数が書類上の数字と合っていないと、通関が通らない、出荷できない事態になってしまう。ですからこの仕事に取り組む時は緊張しているのですが、ある時のことです。

「書類に記載された段ボールの個数と、こちらに届いている個数が違うんですよ」

乙仲業者から電話があった。ある資材の段ボールの個数が書類上の数字と異なっている。このままでは輸出できない。資材の到着に遅延が生ずれば、現地に迷惑をかけてしまう。

「聞いていた段ボールの個数と、違うじゃないですか。どうなっているんですか!」

香港への資材到着を遅らせるわけにはいかないという焦る気持ちから、サプライヤーの会社への電話はつい、語尾が強いものになってしまった。

「個数は違っても、おたくさんの注文通りの数は入っていますよ」そんな内容の憮然とした声が受話器から聞こえてきました。サプライヤーもその時の段ボールの在庫状況でサイズの異なるものになってしまったんでしょう。

でも、こちらとしては個数が変動してしまうと困る。電話口でやり取りをしているうちに、

「そのくらいの融通が利かないんだったら、おたくさんとの取引は止めますよ!」と先方が怒って、電話を一方的に切られてしまったんです。すぐに電話を掛け直したのですが、別の人が出て担当者は「タバコを吸いに外に行った」と。

「まずいな、あのパッケージの資材はカルビーが特注したもので、扱っているのはあそこのメーカーだけなんだ」連絡を入れた香港駐在の上司から、そんな内容の話を聞きまして、

『今後はもう少し早い段階で、個数を納品書に明記していただき、こちらに送っていただく形でご了承いただけないでしょうか』という、謝りを込めた丁重な文面のメールを送信して。先方にはわかってもらいました。

「なあ、伊藤くん、ミスをしたって死ぬわけじゃないんだからさ、ビジネスをやっていて、キレた方が負けだぜ」

それは僕の仕事ぶりを見ていた上司からのアドバイスでした。今も心に残っていますね。僕もいずれは部下に、そんなことを言える上司になりたい。

うちは協力と調和の会社です。それがいい点でも悪い点でもあって、自分からこうやりたいと手を挙げたり、人と競い合う人間が極端に少ないと感じています。

だからか、カルビーの採用マイページは『手をあげろ、挑戦者。』というスローガンを掲げている。僕は海外事業部の売り上げを確保し伸ばしたい。仮に香港駐在の辞令が下ったら待ってましたと手を挙げ、乗り込むつもりでいます。

取材・文/根岸康雄

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。