人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アナログレコードの迷宮〝マト1〟の世界

2017.12.10

 イベント会場は東急の目黒線&大井町線、大岡山駅から徒歩5分のライブハウス「Good stock Tokyo」。一般家庭では不可能な大音量で再生する。アナログプレーヤーはイギリスの名門オーディオメーカー、LINNの名機「LP12」のフラッグシップたるKLIMAXパッケージ(カートリッジも含めて約300万円)、スピーカーは60年代から70年代にかけてコンサートや劇場で多用されたアルテックのA4、ここまでのシステムでレコードを聴く機会はそうそうないだろう。

 僕自身毎回、最初に聴くCDでなんといい音だろうと思ってしまう。だがワインがグレードを上げていくと最初のワインに戻れないように、より音のいいアナログレコードを聴くにつれ、CDの印象は色褪せていく。


LINNのLP12


アルテックのA4

 12月16日に聴くメインのアーチストは、ディープ・バープル&レインボー。メニューを紹介すると、その1はライブの大名盤『ライブ・イン・ジャパン』聴き比べ。まずはバンド結成10周年記念と銘打って再発された日本盤と日本盤初版を聴く。マスターテープは同じと思われるが、アナログテープの経年変化のせいか、初版の方がずっと音がいい。

僕は日本でのライブ盤は日本で制作されると思いこんでいたが、ほとんどが母国で制作されるようで、このアルバムもイギリス盤『MADE IN JAPAN』がまごうことなき“マト1”となる。日本盤初版とUKマト1の音の差は、残念ながら(?)日本盤初版と再発盤の違いよりはるかに大きい。


『ライブ・イン・ジャパン』


『MADE IN JAPAN』

 ところでこの日本盤のジャケット、72年8月17日の武道館のアリーナだが、どこかに僕が写っている。終演後、リッチー・ブラックモアが叩き割ったギターが欲しくて、ステージを片付けているスタッフに「ギター、ください」と言って断られた記憶が鮮明だ。栃木県宇都宮市から上京した中学3年生、いい度胸していた。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。