人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.03

入社3年目社員の本音「会社に500万円も損害をかけてしまったかも…どうしよう!」エステー・池田咲さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ
~エステー株式会社 池田咲さん(26才、入社3年目)~

前編はこちら

「20代の部下の考えていることは、さっぱりわからん」そんな上司の声を耳にするが、20代の社員は何を考えているのだろうか。また若い世代にとっても、同世代がどんな仕事をしているのか知りたい。入社3~5年の社員の話にじっくりと耳を傾け、彼らの本音を紹介するのがこの企画である。

第三回目はエステー、営業部門営業戦略グループの池田咲さん(26才)、入社3年目の後編。

電飾を施したピカピカの販促物をカー用品店に展示したが、性格は基本的にネガティブを自認する池田さん。それが災いしたのか、辞表が頭をよぎる事態に追い込まれることに。

彼女が担当する『赤毛のアン』のミュージカルはエステーが15年間主催している。オーディションで子供達を受け入れ、夏に全国8カ所で公演を行い、お客さんを無料で招待する。公演の時は支店のセールス社員が手伝うが、より積極的にミュージカルに関わってほしいと、セールス社員の中で現場のリーダーを設けたいと提案するのだが…。

●倉庫の隅の小包

自分で言いだしたことですが、基本的に性格がネガティブですから、

「入社3年目の私が先輩社員にこんな提案したら、反感買いませんかねぇ。『ただでさえ忙しい時期に何言ってんだ!』みたいな感じで怒られませんか」みたいな愚痴をタラタラ言っていったんですよ。

「そもそも池田さんがリーダーを立てたいと発想した時のことを思い出しなさい!」と、上司に強い口調でたしなめられました。そこで初心を取り戻し、全国のセールス担当者に送る“連絡書”というお知らせに、『毎年のことなので、マンネリ化を防ぐために今年から公演を行う地域の支店で一人、リーダーを立ててもらいます』という内容を通知して。結果的にセールス担当者がより主体的に動いてくれて、プラスの方向になりましたが。

大きな失敗といえば、『赤毛のアン』のチケットを全国に配送する作業をした時。取引先等の500名ほどのお客様への配送作業が終わり、やれやれひと仕事済んだと思っていたんです。帰ろうとした時に、会社の倉庫の隅に小包があるのに気付きました。

あれ、なんだろう?何気なく小包を開いてみると、

えっ……、全身がこわばりました。小包には『関係者受付でチケットを引き換えてください』という、代理店から届いた取引先のお客様への注意書きの紙が、たくさん入っていた。私はその紙を封筒に入れずに配送してしまったんです。気づいたのが夜の7時ごろ、あわてて運送会社に問い合わせたら、「東京のデポにあります。明朝、全国配送します」と言われまして。

毎日、会社に来る運送会社のドライバーさんと顔見知りだったのが幸いした。ドライバーさんと連絡を取ることができて、「じゃ、僕がデポから持ち帰りますよ」という言葉を聞いた時は、地獄に仏とはまさにこのことだと思いましたね。翌日は朝6時に出社して、先輩にも手伝ってもらい、チケットに注意書きをホチキスで留めて封筒に入れ直して、事無きを得たのですが。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ