小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1日スプーン1杯のオリゴ糖で元気を手に入れる方法

2017.12.02

■オリゴ糖の摂取量・方法

 オリゴ糖の一日当たりの摂取量は約5gが目安とされている。つまり、コーヒーや紅茶に入れる砂糖をオリゴ糖に変えるだけで簡単に摂取できるのだ。これなら毎日無理なく利用できそう。継続的な摂取で効果が出やすいオリゴ糖だから、簡単なのがありがたい。

 また、一般的な砂糖に比べて甘みが薄いものが多く、料理に入れても味を邪魔しないのもうれしいポイントだ。

 ヨーグルトやスムージーなどに混ぜて摂取する人も多いだろう。これはぜひお勧めしたい。その理由は、ヨーグルトや牛乳に含まれる乳糖がビフィズス菌のエサとなり、善玉菌のバランスを高め、健康的なお通じや美容に効果を発揮しやすくなるからだ。さらに、食物繊維と一緒に摂るのも、老廃物を排出し、大腸内の善玉菌を増やすとされる。そのため、野菜、果物と一緒にオリゴ糖を摂取するのもお勧めだ。

糖なのに健康!?毎日スプーン1杯のオリゴ糖で元気を手に入れよう!

 一方、オリゴ糖は簡単に摂取できるため、つい摂りすぎてしまいがちだ。あまり摂り過ぎてしまうと上手く消化できず、逆にお腹を下す可能性もあるのでご注意を。

 効果てきめんに見えるオリゴ糖だが、あくまで、個人差があり、また体質が合わない場合もあるので、こちらもご注意願いたい。

「腸内フローラ」ブームのためか、さまざまなオリゴ糖が誕生している。しかし、オリゴ糖にも大腸へ届く前に小腸で吸収されやすいタイプ(安価で人気のイソマルトオリゴ糖など)もある。そして、安価のオリゴ糖製品にはオリゴ糖自体の含有量が低い商品もある。これではせっかくオリゴ糖を摂取したといっても、効果へ期待が持ちにくい。値段に惑わされず、買う前に成分表示をしっかり確認すると良いだろう。

 腸内環境を整え健康維持をするオリゴ糖。毎日スプーン1杯のオリゴ糖でますます元気になってみてはいかが?

文/花澤御金

※記事内のデータ等については取材時のものです。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。