人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入社4年目社員の本音「どうせ私の意見なんて…じゃダメ!」バンダイ・渡邊奈津美さん

2017.11.22

■あなたの知らない若手社員のホンネ
~株式会社バンダイ 渡邊奈津美さん(26才、入社4年目)~

「若い部下の考えていることがよくわからん」という声をよく耳にするが、そもそも20代の社員は何を考えているのだろうか。また若い世代にとっても、同世代がどんな状況に置かれていて、どのような仕事をしているのか。

そこで入社3~5年の社員の話にじっくりと耳を傾け、彼らの本音に迫るのがこの企画だ。

第二回目は株式会社バンダイ、ガールズトイ事業部マーケティングチームの入社4年目、渡邊奈津美さん(26才)。

●勉強不足、恥ずかしい

教育関係の企業を希望しましたが、玩具を通して子供の教育にも繋がるバンダイに入社しました。研修後はトイ戦略室をへて、希望していたガールズトイの部署に配属されました。

一番の失敗談は――女の子向けの商品の企画、開発、営業、プロモーションを担当するガールズトイ事業部には、アニメの好きな女性に向けての商品がなかった。テレビアニメでも放映された「ドリフェス!」のキーホルダーのようなラバーマスコットを初めて作ったんです。私がマーケティング担当になり、「この商品をどこでどのように売るのか、考えてください」と上司に言われました。

私は営業担当で店舗周りや、量販店のバイヤーとの商談も経験しましたから。アニメグッズに力を入れる店舗のバイヤーさんに商品を持ち込んで、「バンダイはこんな商品を開発しました。一緒に売りましょう」と、提案したんです。そしたら、あんた何言っての?という感じの冷たい目で見られまして。

「お付き合いもないのに、勝手にもの作ってうちに持ち込んで、買ってくれってさ、はいわかりましたなんて言えるわけないよ。あまりにも業界のことがわかっていない!」

30代前半のバイヤーさんに怒られました。私は商品を持ち込めば、どこも興味を持ってもらえるものと思い込んでいたのです。でも、それはうちが取引先と長年取引があるからで、ガールズトイ事業部はこのバイヤーさんとは限られたお付き合いしかなかったので、これまでのようにいくわけがないんです。

私は狭い世界で仕事をしていたんだ、勉強不足で恥ずかしい……そんな気持ちがこみ上げてきた。そのバイヤーさんの信頼を得るためにお店にも通い、業界を知るためにグループ会社のアニメに詳しい人からも、いろいろアドバイスをもらいました。

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。